« 禅寺を訪ねる | トップページ | 山菜採りは楽し »

2016年4月28日 (木)

二つ箭山に登る

024_r

<拡大>4月25(月)晴れ
今日は二つ箭山(いわき市)に登りました。久振
りの岩場登攀に身が引き締まりました。

002_r

今日は久しぶりの県外の山を目指します。途中トイレ休憩に立ち
寄ったPAから望む磐梯山の雪もあらかた消えてしまいました。

003_r_2

(クリック)県外など出たことがないので今どの辺りを走行中かなど
人任せでさっぱりで?案内図を探したら…緑の○印の現在地から
赤○印の目的地へ向かうところでした。

006_r

今日の行先は二つ箭山(ふたつやさん)です。二つの「箭」(や)と
は矢竹の矢のことで、海からも平野からもよく目立つ山だというの
が由来のようです。左から男体山、女体山、二ツ箭山です。

007_r

注連をかけられた石碑は「二箭山塔」と読めました。700年前に修
験者により開山された信仰の山だそうです。

0051_r_2

(クリック)登りは緑色のコースを山頂まで行き、下りは黄色のコー
スを下って始発点に戻る周回山行です。

008_r

沢コースに入って間もなく注連がかかる「御滝」に出ました。

011_r

御滝の右岸を高捲いて登山道が上っていきます。

012_r

のっけから鎖場はちょっと緊張しますね。

018_r

斜度はそんなにないのですが日陰で苔むしているので、何か滑り
そうでおっかなびっくり登っていきました。

020_r

次は「一枚岩」。今日は晴れて乾いているので、何とか行けそうで
すが…。ここも要注意。

025_r

今日一の岩場直登の30mが出現しました。鎖とロープが下がっ
ているので安心の筈ですが、やっぱりちょっと緊張します。

026_r

上が渋滞するので待機している間に下を覗いたら結構な高度感
です。

029_r

ゆっくり一歩一歩登りあがりました。
岩を攀じふと山つつじ現れし

027_r

一旦鞍部に出ると最後の急登が待っていました。スタンスがしっ
かりしているので鎖を掴んで一歩一歩と…。

031_r

女体山頂に登り上がって振り返ると下に男体山が見えました。絶
景です。

034_r037_r

女体山の最高点に立つと小名浜港のある海岸線は春霞でぼやけ
て見えませんでした。ハワイとはご愛嬌な…。

039_r

女体山の岩峰の先穂に腰を下ろして頬張るおにぎりが美味しかっ
たこと。点々とアカヤシオが新緑の中に映える風景が素敵でした。

041_r

山つつじ山燃え立たす修験山

044_r046_r

ランチの後は二山を越えて二つ箭山々頂を踏んでから下山する
のです。抱き岩の下をくぐり…、野生種の馬酔木の花の白がきれ
いでした。

047_r

二ツ箭山の山頂は展望も何もない三角点の山でした。タッチした
らすぐに下山しました。

050_r_2

(クリック)途中の石祠の月山神社から見た男体山(左)、女体山(右)

051_r_2

(クリック)最後のビューポイントなのでズームしました。

_r

(クリック)GPS軌跡 歩程5時間 
国土地理院背景地図等データ利用許諾番号2011-005号
二つの岩峰は小粒でもぴりりと辛い名山でした。

053_r

高速道のPAでお土産に白長須鯨の缶詰と金華さばの缶詰を買
いました。でも今日近所のSCで金華さばと同じものが安値で売っ
ているのを見つけました。あっちゃー!

(おわり)

|

« 禅寺を訪ねる | トップページ | 山菜採りは楽し »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

写真を見ると、なかなか面白そうな山ですね。様々な山へ行かれますが、どうやって選ぶのですか?なんて書き込んでいるうちに、本降りの雨になってきました。
連休中、計画も立てていませんが、仕事の合間をみて登れたらなあ!?

kazu1954さん おはようございます。二つ箭山はなかなか面白い山でした。昨日はよく降りましたね。降れば気温が下がってまだストーブが離せません。(笑)前日に南瓜苗の定植をしたので正解でしたが朝、山に入ってぜんまい採をしてたら、山の気温はうなぎ上りに。晴れると山はこれから暑さ対策が要りますね。

投稿: kazu1954 | 2016年4月28日 (木) 16時13分

いわき市の二箭山は初めて聞く山ですが岩山で面白そうな山ですね!アカヤシオがきれいですね!先日 清水と山梨の境にある貫ケ岳に登りましたが途中杉の植林帯にヒルがうじゃうじゃ居て凄かったです。仲間12人全員がズボンや靴に張り付いたのを何匹も取りました。帰りの温泉でビックリ!私の靴下が血だらけ見事に足を喰われていました。知らない内に靴の中に入り込んだんですね!あー気持ちが悪い!!ヒルが居る山は嫌ですね!

静岡の岳人さん おはようございます。静岡の岳人さんもやられましたか。(笑)これからヒルの活動期に入るのでヒル山や沢沿は要注意ですね。今は「ヒルバスター」とか「ヒル下がりのジョニー」なんていう噴霧剤も市販されているので入山時の必携アイテムですね。来月オイラの山行があるので渡渉時用に持参するつもりです。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年4月29日 (金) 10時17分

おはようございます。
山行 「二つ箭山」では、お世話になりました。
渓流沿いの変化に富んだコース、渡渉あり 30mの岩場ありで、ハラハラドキドキ! そして見事なアカヤシオの群生に感激し、方位盤の 「ハワイ」 に、思わずニヤリしました。
ホントに変化に富んだ小粒で ビリッと辛い、いい山でした♪

FUKU様 おはようございます。その折はお世話になりました。二つ箭山は名山でしたね。お弁当を拡げた女体山の岩峰も大地震で損壊したと聞きました。眼下を横切る大送電線が福島原発に繋がっていると思うと心が痛みました。放射線量を気にせずに登山ができる日がまた来るのでしょうかね。

投稿: FUKU | 2016年4月29日 (金) 10時59分

しゃくなげいろさま
お早うございます。
連日のご活躍羨ましく拝見いたしております。
二つ箭山は面白そうな山ですが、非力で小心者の
私にはとても近づくことが出来ません。
会山行は遠のく一方です。

貴殿の前レポ kazu1954さんと私と※ありますが・・・

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。輝ジィ~ジ様こそ連日ご活躍のことお慶び申し上げます。いつもブログで楽しませていただいております。二つ箭山は一般道と岩場コースがあって岩場コースは恐いクライミングルートでした。オイラには断然、物見遊山の安全道が合っていると確信しました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年5月 1日 (日) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/63543002

この記事へのトラックバック一覧です: 二つ箭山に登る:

« 禅寺を訪ねる | トップページ | 山菜採りは楽し »