« 角田山のスプリングエフェメラルたち | トップページ | 滝と花を見に行く »

2016年4月 4日 (月)

水芭蕉を見に行く(天狗谷自生地)

113_r

<拡大>3月29日(火)晴れ
天狗(てぐり)の谷へ水芭蕉を見に出かけました。
鬱蒼の谷間の底にひっそりと咲いていました。

103_r

県道弥彦線を少し入って萬福寺(西蒲区仁箇)の境内から続く丘
陵地を上ります。高台に広がる柿団地から新潟平野が一望です。
遠山の峨々清明の野の広し

106_r

大体の見当をつけて歩き始めたのですが、簡単に行けると思った
のに案内図があるわけでなし同じような作業道が縦横に走ってい
るばかりで行けども行けども…

107_r

通りかかった車を呼び止めて聞いたもののさっぱり要領を得ず…

108_r

諦めかけて戻ろうと思った矢先に小さな案内板を見つけました。
薄れかけた字で300m直進と読めました。

110_r

道なりに進んだ所に鉄パイプの手すりが谷へ下っていました。

111_r

(クリック)
ここは天狗谷(てぐりたに)といい、海抜8メートルの湿地帯の自生
地と説明に書いてありました。

117_r

(クリック)
明るい高原のミズバショウとはまた違って、薄暗い谷間にひっそ
りと咲く様は風情があって中々見ごたえがありました。
大寺の寺領の谷の水芭蕉

120_r

帰りはまた、てくてく歩いて往路を戻りました。日が西に傾いてみ
んなの影が長く伸びてきました。

(おわり)

|

« 角田山のスプリングエフェメラルたち | トップページ | 滝と花を見に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
3月は車屋は何かと忙しいので、
山にもトレーニングにもなかなか行けません。
宮前の水芭蕉は咲きましたかね~

kazu1954さん おはようございます。逃げる2月に去る3月ですからね。繁盛で何よりです。(笑)
鳥の子神明社の水芭蕉も見頃のようですしお出かけください。

投稿: kazu1954 | 2016年4月 5日 (火) 16時00分

しゃくなげいろさま
ホント 色々ご存知です事。
ボンクラ爺は勿論知りませんでした。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。天狗谷は寺領の一画なので知る人ぞ知る道らしいのですが、アプローチがわかりづらいのが難点ですね。標高が10m未満だから地形図にも記載がありませんし。(笑)現地には教育委員会の説明板もありました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年4月 6日 (水) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水芭蕉を見に行く(天狗谷自生地):

« 角田山のスプリングエフェメラルたち | トップページ | 滝と花を見に行く »