« 雪解を待つ八方池 | トップページ | 初穫り初捥ぎ初郭公 »

2016年6月20日 (月)

八方尾根の花・6月

045_r

<拡大>ハルリンドウ(春竜胆)が3つ並んで咲いて
いました。上を向いて愛らしくほほえましく。

018_r

遠見尾根にも雲がかかって今日は五竜岳が望めません。

014_r

(クリック)キジムシロ(雉筵)。大佐渡山脈でみかけたのはエチゴ
キジムシロ。小葉が5枚でキジムシロの近似種だそうです。

015_r

(クリック)ユキワリソウ(雪割草)亜高山帯に生えるサクラソウ属
の花で蛇紋岩地帯に多いそうです。角田山に生える雪割草とは
別種です。

016_r

(クリック)ミヤマアズマギク(深山東菊)関東以北の亜高山帯に生
えるのが名の由来のようです。草丈10~20糎。

059_r

五竜岳方面が見えそうで、なかなか雲が晴れてくれません。

017_r

(クリック)ハクサンタイゲキ(白山大戟)別名はミヤマノウルシ(深
山野漆)。ノウルシ、トウダイグサの仲間です。タイゲキって古代の
武器「戟」が名の由来とはすごいなぁ。

022_r

佐渡の山中で見かけたのは茶褐色のヤマオダマキ(山苧環)で
した。ミヤマオダマキ(深山苧環)とヤマオダマキとの違いは色が
青紫色なのと

023_r

(クリック)
花の後ろの距が巻込む型の深山苧環に対し、佐渡の山苧環の距
が直立するのが見分け方のようです。

030_r

小蓮華山方面も雲が垂れて、今日期待して来た白馬三山はとう
とう姿を表してくれませんでした。

039_r

(クリック)ミヤマタンポポ(深山蒲公英)はタンポポの高山種です。
別名タテヤマタンポポ(立山蒲公英)背が低くて頭デッカチ。

056_r

(クリック)でも、雲が湧き霧が流れる様は見ていて飽きません。

061_r

(クリック)ハルリンドウが雪解け後に一斉に咲く様は青い星屑のよ
うで、思わず足を止めました。雪解けが進めば高山植物が次々現
れるのももう直ぐです。そうしたらまた訪ねてみようと思います。

(おわり)

 

|

« 雪解を待つ八方池 | トップページ | 初穫り初捥ぎ初郭公 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

八方尾根にもけっこう花が咲くのですね!いつも周りの山々ばかり見ているのでなかなか足元の花は見落としますね!花も同じように見えますが固有種、近似種といろいろとあるんですね!なるほどね!!

静岡の岳人さん おはようございます。ショウジョウバカマの残りがあるくらいだから、花はこれからって感じでした。春竜胆は愛らしいですね。キジムシロとエチゴキジムシロの違いといわれても、大雑把なオイラにはさっぱりで。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年6月20日 (月) 09時07分

後立山は、これから春なんですね!?
先日登った、平標山は春から初夏への季節替わりの様相でしたよ。

kazu1954さん おはようございます。今年は小雪といえど後立連峰にはたっぷりの雪がありました。平標山ー仙ノ倉山は今ハクサンイチゲが花盛りでしょうね。昨日登った地蔵岳ー御坪(飯豊山・大日杉)も春夏の花が一斉に咲いていました。これからは暑さと虫対策が悩ましい夏山シーズンが来ますね。(笑)

投稿: kazu1954 | 2016年6月22日 (水) 10時08分

しゃくなげいろさま
こんばんは~
八方池のユキワリソウ、2年前にしっかり確認しました。
谷川岳の肩の小屋周辺でも見られますが
ハクサンコザクラと混在していますね。
PR下手な新潟にしてはユキワリソウだけは
オオミスミソウの方が一般に通っていますね。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。さすが山の花々にお詳しいですね。確かにユキワリソウとハクサンコザクラが混在していたら見分けがつかないでしょうね。ユキワリソウは清楚で素敵ですが、オイラは角田山の雪割草がいいなぁ。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年6月29日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八方尾根の花・6月:

« 雪解を待つ八方池 | トップページ | 初穫り初捥ぎ初郭公 »