« 硫黄岳に登る(2日目) | トップページ | 赤岳に登る(2日目) »

2016年7月24日 (日)

横岳を通過する(2日目)

Img_0059_r_2<拡大>
7月19日(火)晴
南八ヶ岳主脈縦走の横岳通過が今日一の
本命だったのです。

Img_9918_r

前回レポに続きます。硫黄岳から硫黄岳山荘へ向かいました。
晴れて広く伸びやかな稜線歩きは快適でした。

Img_9922_r

この辺り一面にお花畑が広がっていました。青い空に白い雲。夏
山登山を絵に描いたような好日になりました。

Img_9931_r

10:00を少し回りました。横岳通過に備えてちょっと早めのランチ
タイムになりました。

Img_9932_r

カレーをオーダーしたら出てきたこの色は何~に?「ホーレンソー
入れてみました。」だそうです。味はまぁまぁいけました。

Img_9934_r

山小屋にウォシュレットと着いていたのには驚きました。今どきの
山小屋は進化しています。

Img_0001_r

ゆっくりランチの後、本命の横岳へ向かいました。

Img_0013_r

稜線の砂礫地の両側には厳重にフェンスが張りめぐらしてありま
した。これみんな植物保護のためなのでした。

Img_0016_r_2
(クリック)
駒草の群落の中に白花の株を見つけました。貴重種です。

Img_0008_r

特徴的でよく目立つ大同心を真横からみています。

Img_0018_r_2
(クリック)
正面壁の上部に赤いヘルのクライマーが貼り付いています。雲稜
ルートの最終ピッチを登攀中のようです。絵になる風景だと、立ち
止まって眺めてしまいました。

Img_0023_r

いよいよ岩稜帯に入りました。ポールは邪魔なので仕舞いました。

Img_0028_r

ホールドもスタンスもしっかりしているので三点支持でゆっくり登
れば大丈夫です。

Img_0044_r

横岳の主峰に登りました。赤岳が高いです。

Img_0048_r

頂稜を忠実に辿るので鉄はしごと鎖場が連続して結構スリリング
です。

Img_0061_r

みんなで登れば恐くない。結構な高度感です。

Img_0078_r

峰越えも終盤に入りました。慎重に一峰ずつ越しました。

Img_0079_r

二十三夜峰を越せば横岳通過は終わります。この石板を二十三
夜信仰の講中の信者さんたちが担いで上げたものでしょうか。次
の赤岳へのレポは後ほど。

(おわり)

|

« 硫黄岳に登る(2日目) | トップページ | 赤岳に登る(2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

天気が最高ですね!コマクサが綺麗!!やはり横岳の岩稜帯を通過するのがこのルートではメインですね!八ケ岳の景色を見たらまた登りたくなりました。

静岡の岳人さん おはようございます。やっぱ山は天気次第ですね。あれだけフェンス張って保護されていれば駒草の群落再生の日も近いでしょう。吹かれると恐いですが登山道が整備されていていいコースだと思いました。静岡の岳人さんもまたどうぞ。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年7月24日 (日) 10時53分

白いコマクサがあるんですね!?
みんなで登れば怖くないと言われますが、
かなりの角度ですね~!?

kazu1954さん おはようございます。白花はどこでも珍重されますね。スライドした関西訛のお兄さんが、これを楽しみに来たのだって言ってましたっけ。

投稿: kazu1954 | 2016年7月29日 (金) 14時18分

しゃくなげいろさま
横岳の近々は昨年の ホテイラン ツクモグサ目的
(赤岳鉱泉泊)でした。
厳冬期、残雪期 無雪期 何度も通った道です。
前々回※で訂正 仙台⇒先代(柳沢太平氏)

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。ホテイランもツクモグサも自然の造形美っていうか神秘を感じますね。(笑)南沢はすぐ登山道ですが北沢は林道が奥まであって便がいいし、赤岳鉱泉は庭前で冬アイスクライムもできると聞きました。小屋主は経営の才に長けた人たちのようですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月29日 (金) 16時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/63949375

この記事へのトラックバック一覧です: 横岳を通過する(2日目):

« 硫黄岳に登る(2日目) | トップページ | 赤岳に登る(2日目) »