« 句会3連荘 | トップページ | 登山靴を新調する »

2016年7月15日 (金)

梅雨晴の角田山

Img_0054_r<拡大>
7月10日(日)晴
見渡す限りの蒲原平野の大青田です。梅雨晴の
一日はひどく蒸し暑い日になりました。

Img_0002_r

一ト月空けてたうちに山はすっかり青葉が繁っていました。今日も
此入から入ります。

Img_0003_r

もうオニグルミが青い実をたわわにつけていました。

Img_0007_r

「今日は参院選の投票日だからお休みかなって」とオイラ。「俺はい
つもここにいるよ。」という御仁とスライドしました。

Img_0008_r
(クリック)
女郎蜘蛛がトリアシショウマ(鳥足升麻)にぶら下がって蜘蛛の囲
を張っているところでした。

Img_0012_r
(クリック)
大型のカラスアゲハ(夏型♂)がひらり舞ってはすぐ下りて翅を休
めます。何か食餌を見つけたのかも…。

Img_0017_r
(クリック)
御仁が春先に整備していたビオトープに寄ってみました。池には
ヒキガエルの姿は見えず、あめんぼが走り回っているだけでした。

Img_0018_r

恋の季節は過ぎ、卵から孵った蝌蚪も蛙になって山へ帰ったもの
かもしれましせん。今はすっかり静かになった池に十薬(どくだみ)
が繁茂しているばかりです。

Img_0029_r

今日はやけに蒸して暑くなりました。これからは虫対策に蚊取線香
が欠かせません。臭いけど山はこれに限ります。

Img_0032_r
(クリック)
くるまゆり(車百合)が小ぶりな花を咲かせていました。

Img_0035_r
(クリック)
エゴノキに丸い実がたくさん垂れていました。

Img_0041_r
(クリック)
キクラゲが発生していました。

Img_0050_r

こっちのはシロヤマイグチです。
ほの白き奥の暗きに梅雨茸

Img_0044_r
(クリック)
スズメバチの擬態をするというヨスジハナカミキリ(四条花髪切)が
ガクアジサイの花に留まって花粉を食べていました。

Img_0047_r

小さい白い花びらが星屑のように散乱していました。その上を見上
げたら…

Img_0048_r

オカトラノオ(丘虎の尾)が群生していました。

Img_0052_r

こう暑いと小屋は不人気です。

Img_0056_r
(クリック)
向陽観音堂まで足を延ばしてランチにしました。早くもホバリング
しているトンボに近づいてズーム。ウスバキトンボでしょうか。

Img_0057_r

ゆっくりと雲うごきゆく大青田

Img_0058_r

クララ(眩草)が咲いていました。

Img_0064_r

涼風を期待して下山路は灯台尾根を下ることにしました。

Img_0067_r
(クリック)
登山道わきは右も左もナワシロイチゴの熟れた赤い実がいっぱい
生っていました。一つ試しに口に入れたら渋~い!見た目ほどに
は甘くないのです。

Img_0071_r

涼風の岩尾根の下りは快適でした。

Img_0073_r
(クリック)
今、コオニユリ(小鬼百合)が盛りです。

Img_0081_r
(クリック)
白い角田灯台が見えると、風に乗って時折海水浴客の歓声が聞
こえてきました。

Img_0083_r

凪の海の先に佐渡がぼんやり見えました。梅雨が明けるとカーッ
と暑い夏はもうすぐでしょうね。

(おわり)

参考図書 「弥彦山、多宝山、国上山の生物」
       (弥彦山の自然を愛する会編)

|

« 句会3連荘 | トップページ | 登山靴を新調する »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。梅雨真っ盛りですね。
ただ登るのに一生懸命な私では、気が付かない虫や花や... 楽しんでおられますね!?

kazu1954さん おはようございます。今年は長梅雨でしょうか。偶の晴日にトレーニングの積もりで出かけたのですが、とにかく暑くて汗びっしょりかきました。でも山のものにはこの蒸し暑さがいいのでしょうね。皆青々と活き活きして見えました。角田山はいつ行っても違う顔をみせてくれるので飽きません。(笑)

投稿: kazu1954 | 2016年7月15日 (金) 10時22分

角田山 暑そうですね!花や生物などいろいろいますね、灯台コースは日本海が見えて涼しそうですね。

静岡の岳人さん おはようございます。此入りを上って灯台へ下るコースをよく歩きます。此入は花が多いし、灯台尾根は途中岩尾根を通るので涼風と海側の景色がいいのですよ。この日も佐渡がよく見えました。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年7月15日 (金) 13時00分

しゃくなげいろさま
こんばんは
この日、朝の内にカミさんと稲島からピストン。
near-miss?

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。この日奥様と稲島から入られたのですね。いつかスライドしてみたいものですが、オイラはいつも日が高くなった頃に出かけるので、輝ジィ~ジ様が下山された頃にやっと登山口辺りだったかもしれません。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月17日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨晴の角田山:

« 句会3連荘 | トップページ | 登山靴を新調する »