« 赤岳鉱泉に泊まる(1日目) | トップページ | 横岳を通過する(2日目) »

2016年7月23日 (土)

硫黄岳に登る(2日目)

Img_9878_r_2<拡大>
7月19日(火)晴
赤岩ノ頭(2656m)まで上ると主脈の峰々が
せり上がってきました。

Img_9856_r

早朝に小屋外に出てみたら今日も快晴のようです。

Img_9853_r_2
(クリック)
双耳峰の赤岳に朝日が当たり始めました。今日は硫黄岳からぐ
るりと回ってあそこまで登ります。

Img_9858_r

さあ、戻って朝食をいっぱい食べて頑張らなきゃぁね。

Img_9847_r_2
(クリック)
赤い線が今日辿る行程です。

Img_9860_r

先ずはオオシラビソの樹林帯の道を赤岩ノ頭へ上ります。

Img_9863_r

梅雨茸が発生していました。まだ梅雨明けはしていないのです。

Img_9882_r_2
(クリック)
略2時間掛けて赤岩ノ頭まで上ってきました。三角峰の峰の松目
(2587m)の先に雲海が広がって見事でした。奥は中央アルプス
でしょうか。

Img_9880_r

あと80m稼げば硫黄岳です。広尾根と平頂で天気が急変してガ
スられたら如何しようって心配は今日は無用でした。

Img_9904_r_2
(クリック)
硫黄岳から見事なパノラマです。

Img_9907_r

見覚えのある特徴的な爆裂火口壁です。

Img_9908_r

この沢のずーっと下に静かな山の湯の本沢温泉があるはずです。

Img_9909_r

長閑な山頂も一旦吹かれてガスられたら忽ち悪所に変わります。

Img_9912_r

2742mの三角点にタッチしました。

Img_9929_r

これからメーンイベントの横岳通過が待っています。

 (おわり)

|

« 赤岳鉱泉に泊まる(1日目) | トップページ | 横岳を通過する(2日目) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

硫黄岳は忘れもしない、2年前のGWに転倒、骨折した私には「魔の山」です!山頂からの南八ケ岳の大展望は素晴らしいですね!本沢温泉の露天風呂も良いですね!

静岡の岳人さん おはようございます。そうでしたね。負傷した足を引きずって自力で下山したのでしたね。お互いもう無理は効きません。でもこの日は晴れてパノラマにみとれてしまいました。鄙びた本沢温泉にも泊まってみたいものです。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年7月23日 (土) 10時51分

しゃくなげいろさま
数年前までは朝5時頃新潟を出て赤岳鉱泉で宿泊手続きして
その日のうちに時間が有るので硫黄岳まで行ったものですが・・・
貴殿は若いので来年新年早々是非再度歩いてみて下さい。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。毎日こう暑いと冬の硫黄岳をアイゼンをガシガシ利かせて登ることを考えただけでもスカっとしますね。(笑)厳冬期の晴天、霧氷は別世界を見せてくれるでしょうか。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年7月28日 (木) 07時03分

好天で何よりです。
こまくさもいいですね!!

kazu1954さん おはようございます。山は天気次第ですね。駒草の大群落が再生しそうなのですよ。絨毯みたいに咲いていたら素敵でしょうね。

投稿: kazu1954 | 2016年7月29日 (金) 14時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄岳に登る(2日目):

« 赤岳鉱泉に泊まる(1日目) | トップページ | 横岳を通過する(2日目) »