« 南八ヶ岳の花・7月(横岳大権現まで) | トップページ | 夏えびねに出会う(弥彦山) »

2016年7月31日 (日)

南八ヶ岳の花・7月(阿弥陀岳、南沢)

Img_0076_r_2<拡大>           地蔵の頭
ミヤマゼンコ(深山前胡)セリ科シシウド属
午後になると清里側からガスが湧き上がって
きました。

 

Img_0063_r
(クリック)
ムカゴトラノオ(零余子虎の尾)タデ科 岩場の僅かな隙間に林立し
て壮観です。

Img_0062_r

鉾岳は岩峰を西側に回り込んで急斜面を下り、急崖を上って稜線
へ戻るのは中々高度感がありました。

Img_0064_r
(クリック)
イワオウギ(岩黄耆)別名はタテヤマオウギ。マメ科。風にゆれる
葉が涼し気です。

Img_0067_r
(クリック)
ミヤマミミナグサ(深山耳菜草)ナデシコ科ハコベ属 花先が裂けて
いるのでハコベの仲間とわかりました。

Img_0068_r

鉾岳を過ぎて小広場で暫し休憩タイム。奥の院からここまで岩場
通過も終盤近しです。

Img_0073_r

ミヤマヤマブキショウマ(深山山吹升麻)バラ科。

Img_0075_r

ヤマハハコ(山母子)キク科 色がとんでしまいました。

Img_0083_r
(クリック)    地蔵の頭
ゴゼンタチバナ(御前橘)とガンコウラン(岩高蘭)ツツジ科。秋に
ブルーベリーのような黒い実をつけます。以前麓の人たちと草津
白根山で採ってジャムにしました。

Img_0072_r
(クリック)
赤岳をバックにチシマギキョウ(千島桔梗)が咲いていました。絵
になる赤岳と花のグッドショットです。

Img_0108_r

朝4時起きして赤岳山頂に登りました。朝月夜の満月が中央アル
プスの上空にかかって幻想的な風景に立ち会えました。

Img_0131_r
(クリック)赤岳山頂直下
イワベンケイ(岩弁慶) 命名者は特徴をよくとらえているものだと
感心させられます。

Img_0152_r
(クリック)  阿弥陀岳
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)嘴の形が特徴的な花形が崖下に群生
していました。

Img_0144_r
(クリック)
タカネウスユキソウ(高峰薄雪草)キク科 苞が薄雪を被ったよう
に白く目立って分かりやすいのです。

Img_0153_r

タカネナデシコ(高嶺撫子)ピンク色がステキです。

Img_0154_r

タカネマンネングサ(高嶺万年草)ベンケイソウ科 岩の隙間埋め
るように咲いていました。

Img_0155_r
(クリック)
イブキジャコウソウとミヤマセンキュウ 紅白色の取り合わせが。

Img_0156_r
(クリック)
ミヤマオトコヨモギ(深山男蓬)キク科 よもぎの名から雑草の感じ
が否めません。

Img_0157_r

ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の黄輪草)バラ科名の由来は麒麟
とは関係ないそうです。

Img_0158_r

オトギリソウ(弟切草)和名の由来の説話がなんとも強烈です。

Img_0159_r

タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)フウロソウ科 甲斐(山梨県)
の東部郡内地方で発見されました。

Img_0160_r

タカネザクラ(高嶺桜)バラ科 赤い小さなさくらんぼが生っていま
した。

Img_0162_r
(クリック) 中岳沢
バイケイソウ(梅蕙草)ばいは梅、けいは蕙で紫蘭の古名。淡緑
色の6弁花が特徴的でユニークです。

Img_0165_r
      南沢
セイタカスギゴケの緑の絨毯が広がっていました。しらびその森は
暗くて陰湿ですが、時折日が差して緑の絨毯が輝く様は一種幻想
的でステキでした。

Img_0166_r

シロハナノヘビイチゴ(白花蛇苺)バラ科 スギゴケが薄くなった
辺りに群生して白花を咲かせていました。

Img_0167_r
(クリック)
クロクモソウ(黒雲草)ユキノシタ科 薄暗い南沢の縁に群生して
いました。黒雲の雰囲気が出ています。

Img_0168_r

コバノイチヤクソウ(小葉の一薬草)脚気、利尿、止血と一草で多
効があるというのが名の由来といいます。

Img_0177_r

キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環)距の形が特徴的です。

Img_0151_r

3日間で出会った花々を数えたらゆうに50種類を超えました。

参考図書 「山渓名前図鑑(和名の由来と見分け方)野草の名前
       夏」(写真・解説 高橋勝雄著 山と渓谷社刊)
  
       「山の花めぐり」(加藤明文著 恒文社刊)

(おわり)

|

« 南八ヶ岳の花・7月(横岳大権現まで) | トップページ | 夏えびねに出会う(弥彦山) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

南八ケ岳は岩稜帯と50種類もの花がたくさんあり、ますます好きな山になりましたね、また登りますよ!しかし山を登りながら良く花を見つけてたくさんの写真を撮る余裕がありますね!大したものです!私は山に登ることに一生懸命で花を見る余裕は余りないですよ!

静岡の岳人さん おはようございます。今の時期は百花繚乱どこの山も花盛りですね。八ヶ岳には固有種もあるようですし。パーティーの中に自称植物博士が何人もいて、珍しい花に出会う度に俄か講義が始まるのです。耳で覚えました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2016年8月 1日 (月) 09時33分

赤岳をバックに咲く千島桔梗
いいですねー 実に良い!!空の青もイイカンジです。
実は、私は土曜の早朝、新潟を発って
2番目の孫の誕生御礼に石川の白山奥宮へ
参拝を兼ねて登ってきました。
甚之助避難小屋に正午頃到着したのですが、それまでの快晴が俄に降り出し、室堂センターまで雨と雷鳴!!でもお花はタイミングよく、雨に洗われたナナカマドやハイマツは緑が綺麗でした。雨もまた良し!!
翌日のお日の出もまずまずで山頂で遥拝後
晴れ間の中下山しました。今年は降雪が少ないとの地元の方の話でした。その為か雪渓も小さめでした。貴兄のように博識ではないのですが、花もたくさん見る事が出来ました。後日メールいたします
(笑)

kazu1954さん おはようございます。お孫さん誕生の御礼参りに白山登山とはいい話ですね。雷雨の中お疲れ様でした。雨上がりのハイマツの青さと翌日の奥の院に参拝されて充実の山行の様子が伝わってきました。ハクサンフウロ、ハクサンイチゲなど白山を冠した名の高山植物って多いです。白山は高山植物の宝庫なのですね。

投稿: kazu1954 | 2016年8月 1日 (月) 17時05分

しゃくなげいろさま
正に百花繚乱 数多くの花が素晴らしい天気の下
堪能されたようで何より。
非力なれば南八、もう歩くことが出来ないかも・・・
皆さんお元気です事。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。南八ツは花の種類が多いですね。花博士もいて勉強になりました。(笑)パーティーは足が揃ってみな元気ですね。輝ジィ~ジ様こそご自分のリズムとペースで山を愉しんでおられる姿はステキだと思います。またレポを楽しみにしています。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年8月16日 (火) 15時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南八ヶ岳の花・7月(阿弥陀岳、南沢):

« 南八ヶ岳の花・7月(横岳大権現まで) | トップページ | 夏えびねに出会う(弥彦山) »