« 秋は実りの季節 | トップページ | 吟行に出かける »

2016年10月15日 (土)

苗場山は薄紅葉

Img_0801_r_2<拡大>
10月10日(月・祝日)くもり後霧雨
黄葉ばかりで赤が少ないのです。今年は長雨
の影響で紅葉が遅れるとか。

Img_0796_r

下界は晴マークでも山は出たとこ勝負で来てみなければ分かりま
せん。すっきりしない空模様の中を登り始めました。出だしは雨に
濡れて艶めかしい木肌の黒檜の廊下から登りました。

Img_0799_r

木の間越しに猿面峰の三角峰がちょっとだけ紅葉しているような。

Img_0802_r

雨あがりにぬめりを帯びた茸が発生していました。食毒不明。

Img_0809_r

苗場山小赤沢コースは出だしは3合目で標高1300mから東へ標
高1700mの5合目まではほぼ緩登します。へつり道に移る辺り
から日蔭尾根は南西に向きを変えて急登になりました。

Img_0810_r

6合目から8合目は泥道の上に崖地の鎖場が出て来て結構辛い
登りが続きました。今日はガスと霧雨で眺望もない中黙々と登っ
て漸く山頂台地に一画に着きました。

Img_0812_r

坪場ベンチ(2000m)は晴れていれば秋風が吹いて絶好の休み
場ですが、今日は冷たい風が吹くばかりで素通りしました。

Img_0815_r
Img_0816_r

木道を進むと次々と苗場山的風景が広がりました。

Img_0819_r

イワショウブの立枯れでしょうか。
黄葉してみな枯れ急ぐ山のもの

Img_0820_r

坪場ベンチから45分木道を歩き通して山頂小屋に着きました。
小屋へは寄らずそのまま山頂へ直行して山頂を踏んだら小屋へ
戻って、外のテラスでランチにしました。

Img_0827_rImg_0828_r

同行したのお姐さま方から次々差し出される枝豆のつまみを前に
したら、折角持って来たビールだからとロング缶を開けたら、まぁ
寒いこと寒いこと。

Img_0830_r

ゆっくりランチを楽しむどころの話じゃなくて、早々に下山しました。

Img_0832_r

霧雨の悪路と格闘しているうちにだんだん酔いが回ってきて。

Img_0838_r Img_0839_r

山八重の黄葉紅葉や八重の霧

Img_0840_r

また出だしの黒檜(くろべ)の廊下に戻ってきました。赤黒い木肌が
雨に濡れてつやっぽいのです。まるで巨大な生き物を見ているよ
うな。

Img_0841_r

この泥ろんこの靴が今日の成果を語ってくれているようです。
これよりは越後の秋の時雨ぐせ

Img_0844_r

秋の日暮れはつるべ落とし。泥靴を脱いでバスの席に納まったら
窓外はとっぷりと暮れました。新潟への長い道中はワンカップで
締めくくりました。

(おわり)
















|

« 秋は実りの季節 | トップページ | 吟行に出かける »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いや~お疲れ様でした。
確か10日は下界(新潟市)は快晴でしたが、
山の天候はわからないものですね。
苗場山という酒は結構美味い酒だと
酒の陣を思い出しました。

kazu1954さん おはようございます。今日は絶好のマラソン日和になりましたね。今頃寺泊の海岸道路を爽やかに疾走されている頃でしょうか。清酒苗場山は中々に美味い酒でした。山疲れとバスの揺れで大いに酔いました。(笑)

投稿: kazu1954 | 2016年10月15日 (土) 10時10分

苗場山の紅葉も今年は「黄葉ばかりで赤が少ない」ですか、4日に涸沢に行った岳友も同じ事を言っていましたね!でもガスと霧雨の山頂池塘を歩くのもまた良いものですね!

静岡の岳人さん おはようございます。黄葉と紅葉は光合成の仕組で変わるようですね。今年は長雨で日照が少なかったせいで黄葉が多いみたいです。おっしゃる通りガスの山もまた良き哉ですが、寒いのです。山はもうすぐ雪が来そうです。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年10月16日 (日) 09時47分

しゃくなげいろさま
会山行でしょうか?
小赤沢コースは楽ですが坪場ベンチから先が
少々ウザイ感じがします。
此処もやっぱり赤系統寂しい感じでしたか?
今年の紅葉は感動させて貰えないようです。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。今回は足が揃ってペースよく登れました。確かに坪場ベンチからは単調ですね。尤も終日霧の中だったので。(笑)やはり秋は抜けるような青空と照紅葉が見たいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年10月23日 (日) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 苗場山は薄紅葉:

« 秋は実りの季節 | トップページ | 吟行に出かける »