« 弥彦山塊ハーフ縦走 | トップページ | 小春日の角田山 »

2016年11月30日 (水)

冬紅葉を吟行する(石瀬)

Img_1445_r_2<拡大>
11月15日(火)雨
散紅葉で下は真赤になりました。風が吹く度に
どぉーっ!と降り注ぐのです。

Img_1413_r

最初に訪ねたのは石瀬神社です。祓川の畔に楓の古木が黄葉を
広げてほの明るく照らしてくれました。
秋水の音のほかなし峡の宮

Img_1408_r

県指定文化財だという根方の回りが6mの樅の木が立つ境内は森
閑と静寂に包まれていました。
磐座の山はひっそり神の留守

Img_1426_r

次に訪ねた種月寺は紅葉が見事でした。種月寺の創建は室町中
期の1446年。越後守護の上杉房朝が開基となり耕雲寺の住職
南英謙宗が開山したと伝わる古刹です。

Img_1429_r_2

大盃といふもみじの作る大木陰

Img_1431_r

茅葺の本殿は元禄12年(1699)に造営された国指定の重要文
化財です。
禅林の回向柱に散る紅葉

Img_1438_r

梆打って音の籠れる時雨寺

「梆」(ほう)は魚板のことで食堂(じきどう)の前に吊ってあり、こ
れを打って堂内の時間や行事を知らせた鳴物です。

Img_1434_r

火防石蔵して暗し冬の堂
住職さんから火防石を拝ませてもらいました。内陣の奥から入る
暗い開山堂に霊験あらたかな寺宝の石が安置されていました。

Img_1435_r

本堂の玻璃いっぱいの冬紅葉

Img_1428_r

百千の木の葉時雨の真くれなゐ

Img_1452_r

火防護符いただき帰る冬温し

Img_1466_r

句宿に引き揚げて風呂に浸かって吟行のまとめを色々想いをめ
ぐらしました。平日の温泉場は空いていてゆったりと寛げました。

Img_1463_r

湯上りに先ず一杯頂いて…

Img_1465_r

いよいよ句会に入りました。

Img_1444_r

今日は散紅葉のしぐれる下に坐してその風情にどっぷりと浸る冬
の一日となりました。

(おわり)













|

« 弥彦山塊ハーフ縦走 | トップページ | 小春日の角田山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

確かに一面の散紅葉が綺麗ですね!先日 伊勢・志摩に伊勢エビ、アワビ、牡蠣、松阪牛を食べに温泉旅行に行きました。お酒も堪能して来ましたよ!冬シーズンは寒いけれど食べ物が美味ですね!また冬の日本海が見たいですね!

静岡の岳人さん おはようございます。冬紅葉は木々が裸木になる刹那の美しさがありますよね。種月寺の真赤な紅葉はきれいでした。<伊勢・志摩に伊勢エビ、アワビ、牡蠣、松阪牛を食べに温泉旅行に行きました。お酒も堪能してーとはうらやましい。リッチな大名旅行ですね。(笑)日本海の荒波を見て冬蟹で熱燗なんていいよね。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年12月 1日 (木) 09時55分

相変わらず、吟行に励んでいらっしゃいますね!
昨日、岩室温泉口から天神山城跡、多宝山と歩いてきました。
1人吟行のつもりでしたが、駄句しか思い浮かびませんでした(ーー;)
【山城や つわものどもと 山眠る】m(__)m

のりこ様 おはようございます。お立ち寄りありがとうございます。多宝山にトレーニングとは頑張っておられますね。吟行は出掛ける度にむずかしさが募ります。もうトラウマになりそう。(;^_^A今度のりこ様も一緒にやりませんか。

投稿: のりこ | 2016年12月 1日 (木) 11時18分

しゃくなげいろさま
旧跡 古刹を訪ねての吟行 趣きがあります。
それにしても毎度のことながら語彙の豊富さには
驚天動地の至りです。
写真も綺麗で見事です。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。石瀬の種月寺へ大勢で訪ねたら和尚さんが中を見せてくれました。御堂の中は別世界で、殊に庫裡前の楓の真紅の紅葉が見事でした。対象に圧倒されて句がまとまらなくて四苦八苦でした。修行がたりませんね。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月 5日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬紅葉を吟行する(石瀬):

« 弥彦山塊ハーフ縦走 | トップページ | 小春日の角田山 »