« 小春日の角田山 | トップページ | ナメコ採りは楽し »

2016年12月 2日 (金)

牟礼山冬晴

Img_1600_r<拡大>
11月26日(土)晴
今日は久しぶりに晴れたので牟礼山に下見に
登りました。二等三角点にタッチします。

_r_2
(クリック)
登山口から3つ目の鉄塔まで保守道を使い、点335m付近から保
守道と別れて赤い尾根線を登りました。

Img_1531_r

南北に連なる鉄塔群の最初の鉄塔のここは右折します。

Img_1536_r_2
(クリック)
杉林を登ると右奥に次の黄色い鉄塔標識が見えました。

Img_1537_r

61番は左折します。

Img_1538_r

急坂を上ると鉄塔下に出ました。

Img_1540_r

61番鉄塔下で標高が250m付近を通過しました。次は40m登っ
て現れる鉄塔を右に見て杉林の中を緩登します。

Img_1552_r

330m付近で南へ下って行く59番鉄塔の監視路と別れて60番監
視路は左折です。

Img_1553_r

60番鉄塔は点335m峰の肩を通っています。

Img_1555_r

点335mに登る60番鉄塔監視路を左に分けて直進しました。

Img_1561_r_2
(クリック)
コンタの広くなった尾根道は南東へ向きを変えて回り込むように
緩登していました。400m付近の主尾根に出ると東方面の視界
が開けました。

Img_1564_r
(クリック)
冠雪した鷲ガ巣山と光兎山が、奥に山頂が真白な以東岳が遠望
できました。

_r_3
(クリック)
標高400m付近から痩せ尾根に変わってアップダウンを5、6回繰
り返して沢の源頭部に出ました。

Img_1570_r

昨日降った雪が解けずに残っていました。行く手の峰が点431m
で右手の沢を挟んで胎内川の菅平橋からの支尾根が500m付近
で合流するはずです。

Img_1571_r

尾根合流点の500m峰まで約80mの一気登りが始まりました。
朴坂山の時みたく滑り止めのロープが下がる急坂が延々続いて
今日一の登りになりました。

Img_1575_r

ロープにすがって急な雪解の泥んこ道を左手の袋が重そうですっ
て。そうなんですよ。実はキノコが採れて採れて…。そのレポはま
た今度ということで。

Img_1591_r

500mまで上がればコンタの間隔がまた広がって緩やかなアップ
ダウンを繰り返しますが、山頂はまだ先です。

Img_1592_r

積雪は10センチ。今日はゴム長が正解でした。

Img_1593_r

山頂直下に一ヶ所両脇切れた所があって、そこは慎重に通過しま
した。

Img_1605_r
(クリック)
手前の黒手ノ峰の奥に杁差岳から右奥に続く飯豊連峰が見事な
眺めです。

Img_1613_r
(クリック)

指さす先は二王子岳から烏帽子岳を通って大日岳に続く長い稜
線が見えました。

Img_1610_r

あんまり天気がいいから登って来たという山の会の仲間も合流し
てゆっくりランチを楽しみました。

(おわり)








|

« 小春日の角田山 | トップページ | ナメコ採りは楽し »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

牟礼山は鉄塔の保守道を登るのですね、山頂はもう雪が積もっていますね。静岡の山ではまだ富士山と南アルプスぐらいですよ!こちらでは天気の良い日には富士山が白銀に輝いています!今も家の窓から富士山が良く見えますよ!

静岡の岳人さん おはようございます。下越の山は送電鉄塔が縦横に走っているので、雪山では目印になるし監視路はありがたい道なのです。12月の雪はラッセルするほどには積りませんが晴れるときれいです。そちらは富士山が見事でしょうね。これから春までの間、新潟が雪荒れの時はそちらの山で出かけることも多くなりますね。

投稿: 静岡の岳人 | 2016年12月 2日 (金) 09時22分

しゃくなげいろさま
こんにちは~
晴日の下見山行、それもたっぷりのお土産つき。
偶には声を掛けて下さいな!

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。いつも思いつきでふらりと出掛けるのです。金の斧銀の斧みたいに山がお土産くれたものでしょうか。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2016年12月 8日 (木) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 牟礼山冬晴:

« 小春日の角田山 | トップページ | ナメコ採りは楽し »