« 登り始めは弥彦山 | トップページ | 雪の古城址(村上紀行) »

2017年1月22日 (日)

大寒の日の角田山

Img_1971_r<拡大>
1月20日(金)晴
大寒の今日角田山に登りました。山頂は一面雪
でベンチの人もどこか寒そうでした。

Img_1950_r

天気予報に晴マークがついたので今年の初登りに出かけました。
干支の酉年に因んで山中の鳥の子神社へお詣りしました。

Img_1951_r

400年前、戦国時代に朝倉氏の一党が落ち延びて山中に隠れ住
んだと云い伝えられているのです。
朝倉氏ゆかりの宮の方恵方

Img_1955_r

奥まった神領に社が建っています。

Img_1952_r

神池に早や水芭蕉がつんつんと角芽を出していました。
雪割の角芽つんつん水芭蕉

Img_1959_r

鳥の子神社の裏手のジャニゲ沢の源頭に立つと青い海岸線が見
えました。風は冷たくて雪はバリバリに凍っていました。

Img_1962_r

此入山を過ぎた辺りで山の会の先輩とスライドしました。今日は小
屋で仲間に大勢会いそうな予感です。

Img_1965_r
(クリック)
大寒のほとけ山の風固し

Img_1968_r

痩せ尾根に雪が着くと滑落が怖いのですがフィックスロープのお
かげで安心です。

Img_1967_r

オイラは臆病なのでしっかり掴まって登りました。

Img_1972_r Img_1973_2_r

「やぁやぁ!!」
「どうもどうも!!」
旧知の顔ぶれが揃って小屋の中は賑やかでした。今年も順調に
角田山からスタートできそうです。

(おわり)



|

« 登り始めは弥彦山 | トップページ | 雪の古城址(村上紀行) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しゃくなげいろさま
角田山宮前コース、大寒日記念お疲れ様でした。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます小正月も過ぎてあと半月で立春ですね。季節の移ろいの速さに戸惑ってしまいます。雪割草ももうすぐですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年1月22日 (日) 20時57分

束の間の晴れ日でしたね。
鳥の子神社の方へはまだ足を伸ばしたことがありませんので、今度、ゆっくり行ってみたいです。

のりこ様 おはようございます。先日はどうもでした。あの日は山の仲間に大勢会いましたね。宮前口や此入口の海側は面白いです。能登加賀からの移民の歴史もあるみたいですし、フォークロアの話を今度教えて下さい。

投稿: のりこ | 2017年1月23日 (月) 01時57分

角田山 良い雪山ですね、小屋も山仲間が大勢で相変わらずの大繁盛ですね!

静岡の岳人さん おはようございます。家から登山口まで40分。近くて便利ないい山なのです。海から直なので雪は積ってもすぐ消えます。春の雪消えまで小屋のストーブが賑わいます。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年1月23日 (月) 11時21分

追伸 私は先日 越前岬にスイセンを見に行きました、寒風の中可憐なスイセンの群落が綺麗でしたよ。また東尋坊に打ち寄せる日本海の荒波も見事でした。やはり日本海側はこちらの太平洋側と違い雪が降って寒かったです!

静岡の岳人さん おはようございます。野水仙は今が旬だから越前岬にスイセンの群落は見事でしょうね。一度見てみたいです。東尋坊に打ち寄せる怒涛音が聞こえるようです。角田の礁も怒涛に洗われています。もう直ぐ立春ですがホントの春はまだ遠いようですね。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年1月23日 (月) 11時32分

楽しそうな一日ですね。
角田山とは言え、あの大寒の日は地上も結構寒い日でしたから、頂上はなかなかでしょう。お疲れ様です。15日の弥彦参拝は好天に恵まれて、且つ参拝客も少なくゆっくり詣でる事が出来ました。ワカンを背負った若者が2人ほど登山道のほうへ向かっていました。

kazu1954さん おはようございます。大寒の冷え込みで痩せ尾根は怖いくらいでした。ストーブのある小屋は満員で暑いくらいで。(笑)15日の弥彦山は雪晴れでしたね。大分積ったから輪樏の出番もきっとあったでしょうね。

投稿: kazu1954 | 2017年1月23日 (月) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大寒の日の角田山:

« 登り始めは弥彦山 | トップページ | 雪の古城址(村上紀行) »