« 鴨を見にいく(佐潟) | トップページ | 節分祭豆撒き(白山神社) »

2017年2月 4日 (土)

凍滝を見にいく(角田山小浜)

Img_2049_r_2<拡大>
1月29日(日)晴
氷瀑を期待して出かけて来たのですが…。
残念!今日は氷結していませんでした。

Img_2051_r_2
(クリック)
R402を越後七浦シーサイドライン沿いに走ると角田山の小浜登
山口の主尾根を西へ回り込んだ辺りの岩壁から滝が落ちていま
す。落差は10m位かな。雪解水が溢れて流れ落ちているのかも
しれません。

Img_2052_r

撮影マニアが付けたものでしょうか。滝の下部までカヤトの中を明
瞭な踏跡が続いていました。小沢を途中まで辿ってみたのですが。

Img_2053_r_2
(クリック)
落口が見える地点まで上った所で戻ることにしました。

Img_2054_r

折角来たので灯台尾根を登ってみることに。

Img_2057_r

寒海苔が礁に着いていました。

Img_2077_r

早や寒海苔掻きが始まったようです。
寒海苔の出来上々と海苔掻女

Img_2094_r

下山してから100円風呂に寄りました。山上に神社があり、その
隣に風呂棟があるのです。由緒に延喜式神名帳にある式内社船
江神社と呼ばれていたのが、1092年に越後国に大地震が発生
して津波と地盤沈下のため、ご神体は新潟町へ移転し以降は神
明社になったと記してあります。

Img_2099_r
(クリック)
狛犬の台石に明治16年8月15日建立と刻字が読めます。由緒
に明治時代まで7800坪の境内に本殿、拝殿、幣殿、神楽殿が
あったと記されていました。

Img_1843_r_2

仲間の家の近くに新しいラーメン店が出来たと聞いて寄ってみま
した。あっさり醤油味の中細麺でオイラの好きなタイプでした。

Img_1846_r

今日は氷瀑は見れなかったけど、春までにもう一度グッと冷え込
んだ朝が来たらまた出掛けようと思います。

(おわり)













|

« 鴨を見にいく(佐潟) | トップページ | 節分祭豆撒き(白山神社) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日は上々の晴天でしたね。
凍滝はこの暖かさで凍っていませんでしたか。残念でしたね。
私は場所が良く判らないのですが・・・
何となく行けば分かりますでしょうか?
もう凍らないかもしれませんね。
角田、弥彦山はごくごく公式の一般的な道しか知らないのです。
今度教えて下さい!

のりこ様 おはようございます。地形図で小浜尾根の西側に崖記号がある辺りなのですぐわかります。角田山は2億年前に海底火山の隆起でできたそうですが、1092年の大地震で津波が来て佐渡までの間にあった島々が皆沈んだと古書にあるので昔と景色が変わったのでしょうね。七浦の岬に海色の結晶の岩塊が見つかったりするので丹念に歩けばきっと発見があるかもですね。

投稿: のりこ | 2017年2月 4日 (土) 21時07分

凍滝とは珍しいですね、今年は寒くないのかな?醤油ラーメンのチャシューがたくさん入っていますね!

静岡の岳人さん おはようございます。今の時期海沿いの崖地に雪代の俄か滝が出来て氷瀑になるのです。早朝に出掛ければ見れるのでしょうけど、オイラは怠け者だから日が高く上った頃に行くからね。(笑)なんでも、尾張が本店のラーメン店だそうで、一味違った旨さでした。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年2月 6日 (月) 10時06分

しゃくなげいろさま
今年は積雪量は兎も角として、極端に温度が低い日が
あんまりないからでしょうか。
例年凍滝見られるんですがねぇ~
寒海苔おいしそう。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。小浜の氷瀑はなかなか姿を見せてくれませんね。礁で黙々と海苔採りをする人をみかけました。オイラもやった事あるけど、大変なのです。へらで掻いても思うようには取れないし、軍手して丹念にむしり取るよりないのです。海苔が高価な訳がよく判りました。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年2月13日 (月) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凍滝を見にいく(角田山小浜):

« 鴨を見にいく(佐潟) | トップページ | 節分祭豆撒き(白山神社) »