« 仏路越(ほとけじごえ)を歩く | トップページ | マンダロク山・2月 »

2017年2月22日 (水)

句集を作る

Img_2205_r_2<拡大>
2月21日(火)雪
句会の仲間14人で作った合同句集が出来上
がりました。

Img_2189_r

2月14日(火)くもり
定例の句会が退けて恒例の茶話会の席でお姐様方からチョコの
差し入れが。忘れていたけど今日はバレンタインデーでした。

Img_2186_2_r

これで甘党の師匠はいっそう話が弾みました。
良く売れるバレンタインのチョコレート

Img_2182_r

らーめん二郎に寄りました。この盛りのよさにビックリ。ちょっと塩
ょっぱ目のスープに太麺ともやしがよく絡んで絶妙でした。このサ
イズでらーめん小。厚切の豚2枚のボリューム感に参りました。

Img_2183_r

流作場5叉路にほど近い便利な場所です。本店は東京三田にあ
る総本山、のれん分けの新潟店だそうです。

Img_2195_r

2月18日(土)雪
4日置いて今日、山の仲間の句会に出ました。

Img_2200_r

句会の後、茶会に呼んでもらいました。
なつかしき天神講の粉の菓子

Img_2193_r

2月19日(日)雪
今日は吟行に北山池(江南区)に来ました。
芽柳を揺らし沼風まだ固し

Img_2201_r

亀田市(いち)は六斎市の一つで三と九の日に市が立つ『さんくの
いち』といい、昔は亀田の名物と云われたものですが年々寂れる
一方です。
風花に市のテントの早仕舞

Img_2204_r

一通り道順を吟行してきて句会場へ入りました。今日の鷗句会は
30人の大所帯です。
引鴨の鈴ふるはせて別れ惜し

Img_2180_r

2月21(火)雪
句会の前の腹拵えにもやしラーメンをオーダーしました。盛りがい
いのに一杯400円とは、今時のこの値段は価値があると思いま
す。懸かった熱々のあんをフーフーいいながら…嗚呼満足。

Img_2181_r

今日はマイルストーンとして句仲間14人で作った合同句集が出来
上る日です。益々俳句に嵌りそう。


(おわり)





|

« 仏路越(ほとけじごえ)を歩く | トップページ | マンダロク山・2月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

二郎のラーメンもの凄い大盛りですね!麺が見えませんね!次のモヤシタンメンはまたシンプルで暖まって美味しそうですね!貴兄の俳句が載っている合同句集が出来るんですか?凄いですね、句集を出すなんてもう一人前ですね!これからは「俳句の先生」と呼ばなければいけませんね。大したもんです、今度ぜひ句集を見たいですね。

静岡の岳人さん おはようございます。先客は「野菜盛り盛りで」とか言う常連が多いみたいでした。豚のボリュームに圧倒されましたね。もやしラーメンはリーズナブルでオイラ向きかな。句会はオイラ以外、皆すごい人達なのです。「あれして下さい。」はいはい。「これお願いね。」はいはい。と全部負んぶに抱っこの間に出来てしまいました。歳取っても教わることばかりです。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年2月22日 (水) 18時08分

先日は素晴らしい句集を買わせて頂きました。
素晴らしい傑作揃いで、私は始めたばかりの入口で早くも尻込みしています。
俳句の世界は文字数が少なく、季語を入れるなど、本当に難しい世界だと思います。

のりこ様 おはようございます。句集は一度に作った訳でなく、これまでの50句を自選してひろし主宰に30句に絞ってもらったのです。日記のように作ってきた句をマイルストーンとして句集にまとめたのです。4、5年後にまた出すかもしれません。その時にはのりこ様も参加してくださいね。

投稿: のりこ | 2017年2月23日 (木) 17時41分

しゃくなげいろさま
近々、新潟の俳壇に名を残されることでしょう。
素晴らしい才能と学習意欲に敬意を表します。
才の持ち合わせ無い(努力欠如も有りますが)
我が身が情けない。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。句集は先輩方の最後の最後の末席にちょこっと載せてもらっただけなのです。もうこんな機会は当分ないでしょう。(笑)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年2月25日 (土) 18時40分

今日は良いお天気になりました。
こんな日は角田辺りに登っているのでしょうか?
亀田の三九の市ですか  懐かしいですね!
まだやっているんですね?!
句集を出されるなんて、
俳諧の宗匠?ですね!
素晴らしい!!!
充実した毎日をお過ごしで何よりです。
と同時に羨ましい!

kazu1954さん おはようございます。昨日はピーカン晴に誘われて角田山に登りました。山頂の小屋は老人会で超満員でした。(笑)
亀田の三九市も白根もどこも淋しくなったと聞きました。句集を出すのは俳句に精出す人たちにはごく当たり前の文化だったようです。亀田の図書館を覗くと俳句コーナーに地元の俳人たちの句集が目白押しなのです。古き良き時代の文化を今も忠実に守っているという訳ですね。

投稿: kazu1954 | 2017年2月28日 (火) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 句集を作る:

« 仏路越(ほとけじごえ)を歩く | トップページ | マンダロク山・2月 »