« みなとぴあ吟行 | トップページ | 春の雪山を眺める »

2017年3月14日 (火)

春山を楽しむ

Img_0017_r_2<拡大>
3月12日(日)晴
3日おきの四温晴に当たって今日は絶好の
登山日和になりました。

Img_0004_r

今朝は凍み渡りができる程に冷え込みました。

Img_0011_r

バリバリに凍った雪面にスタートからアイゼンを履きました。

Img_0013_r

雪面にサクサクとアイゼンの爪がよく効きます。
さくさくとアイゼン効かせ春登山

Img_0021_r

3月に入ったら雪が固くなって歩き塩梅ですが、細尾根のあちこち
に早くも雪割れが始まっていました。藪が顔を出す雪解の僅かな
間、晴れれば快適な春山が待っています。

Img_0023_r

今日もコンパスと読図の練習をしました。繰り返し練習するうちに
何とか物になればなぁって。

Img_0035_r

エバンス・ノットで支点を取りました。オイラも細引7mが会の常装
備なのですが平素は殆ど出番がないので、使い方も忘れちゃって
て。練習しておけばとっさの時に役立つかなぁと。

Img_0041_r

フィックスロープにフリクションノットのプルージックを結びました。
仮に@7mを8人分Wエイトで繋いだとしたら7×8=56m。Wで
使えば半分の28m。間に合わせでも確保手段になる筈です。

Img_0033_r

スリング120cmで簡易のブレスハーネスを作りました。これは
ちょっと短くてぎりぎり。オイラはデブいから60cmを足しました。

Img_0044_r

支点の木が弱い場合にはスリングで枝を把ねてこんな風に使えば
いいと教えてもらいました。

Img_0046_r

ロープワークをしている間に気温が上昇して雪が腐ってきたので
アイゼンを脱いでワカンを履きました。

Img_0047_r

オイラは分かり易いように色違いにしてみました。つま先に止め用
ゴムバンドとかかとに引っ張り紐をつけて、前ズレ防止付仕様に。
履きやすく脱げにくいオイラ専用です。

Img_0051_r_2
(クリック)
空を見上げたら珍しい「日暈」(にちうん)が出ていました。日輪の
円虹がきれいです。でも観天望気では崩れる兆候とか。
吾日暈の下にあり春の山

Img_0055_r Img_0060_r_2

今日は風が落ちて急坂を上ると汗が噴き出ます。汗を拭きふきピ
ークに立つ度にコンパスタイムなのです。

Img_0063_r_2
(クリック)
振り返ると上って来た尾根の先に魚沼平野が広がっていました。

Img_0066_r_3
(クリック)
南に金城山、遠く右奥に平標山、仙ノ倉山が見えました。
せり上がる金城山に風光る

(おわり)





|

« みなとぴあ吟行 | トップページ | 春の雪山を眺める »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「さくさくとアイゼン効かせ春登山」いいですね!いろいろ工夫をしたワカンも凄いです!ロープワーク・読図は大事なことですね、いつも繰り返しやらないとすぐ忘れてしまいます。4月に会の初級登山教室を私が初めて講師をやります、今から準備をしていますよ!

静岡の岳人さん おはようございます。3月に入ったら雪が締って朝冷え込むとバリバリに凍ります。アイゼンの爪が小気味よく効くのですよ。ワカンは先輩の見よう見まねで便利に仕上げました。ロープワークは日頃やってないと忘れていますよね。登山研修はなるべく出ようと思います。登山教室の講師とはご苦労様です。新人にしっかり教えてやってください。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年3月14日 (火) 09時29分

仙ノ倉山見えましたか。
また登りたいなあ!!

kazu1954さん おはようございます。手前の山は斑雪、奥の高峰は真白の春山景色です。彼岸が過ぎれば雪解けが進んでまた仙ノ倉山に花の季節が訪れることでしょうね。オイラも今年行ってみたいなぁ。

投稿: kazu1954 | 2017年3月18日 (土) 10時23分

しゃくなげいろさま
先日はお世話様でした。
今回は冬山の勉強参加ですか!
前向きで結構ですね。
益々の活躍期待します。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。その節は大変お世話になりました。人の後尻にくっついて遠くから眺めているだけなので全然前向きでないのです。(笑)春山の雪景色は素晴らしいですね。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月18日 (土) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春山を楽しむ:

« みなとぴあ吟行 | トップページ | 春の雪山を眺める »