« 春の雪山を眺める | トップページ | 三角点8ヶ所巡り(続き) »

2017年3月22日 (水)

角田山三角点8ヶ所巡り(その1)

_r<拡大>
3月16日(木)くもり
春の足慣らしは恒例角田山三角点8ヶ所巡りに
出かけました。総距離12kmの長行程です。

Img_2426_r

角田弥彦山系には32の三角点がありますが、そのうち角田山に
ある8つの三角点を出発点から一筆書きに順に巡って、また元の
所へ戻ってくるのです。

Img_2431_r
(クリック)
もう20年以上続くこの行事を先輩リーダー氏から引き継いで早や
3年目、で今日がその日という訳です。直線距離に直すと海岸か
らスタートして南へ角田山、樋曽山を経て弥彦山を越えNTTの電
波塔が建つ雨乞山辺りに届く約12キロを歩きます。

Img_2430_r

今日はオイラが担当するリーダー当番の最初の山行です。藪の
中から山鳥がひょっこり飛び出して来て先導してくれました。

Img_2425_r

ここが今日1番目の三角点。三角点名・角田、等級は三等、通称
焼キ山、標高44.8mです。登山道を脇にそれて赤松の雑木林の
中にすぐみつかりました。次は…

Img_2434_r

登山道に戻って宮前尾根を登ります。「宮前」というのは山中に「鳥
之子神明社」がある為そう呼ばれています。

Img_2441_r

戦国時代、織田勢に追われた朝倉氏一党が角田浜に上陸して山
中に籠り越前村発祥の地となったという謂れがあるのです。

Img_2437_r_2
(クリック)
線香花火のようなキクバオウレン(菊葉黄蓮)が咲き出しました。

Img_2438_r

雪解けで尾根道はドロドロです。所謂「春泥」ですね。

Img_2440_r
(クリック)
ジャニゲ沢の源頭ピークに雪割草が咲いていました。可憐です。

Img_2442_r
(クリック)
こちらはコシノカンアオイ(越ノ寒葵)。地味~な絶滅危惧種です。

Img_2443_r

歩き始めて1時間30分、2番目の三角点に着きました。三角点名
・角田浜、等級四等、通称此ノ入峰、標高346.8mです。山頂ま
で上り行程は丁度半分。

Img_2446_r

此ノ入峰を過ぎると尾根は細くなり斜度が増して今日一の登りに
なりました。頬をうつ風はまだ固いのです。

Img_2449_r

頂稜に出ました。残雪です。

Img_2451_r

山頂・481.7mに着きました。先ずは三番目の山頂標石にタッ
チ。でも三角点ではなく標高点になりました。

Img_2452_r

山頂は素通りして4番目の三角点を目指しました。これより距離
1.5キロ、標高差200mを激下りしています。

Img_2453_r_2
(クリック)
ヒサカキ(姫榊)の葉の下に5、6ミリの小さい白花の蕾をいっぱい
つけていました。間もなくガーリック臭のような独特の匂いを漂わ
せることでしょう。

Img_2458_r

4つ目の平沢・四等三角点239.1mをクリアしたので次へ…。
戻りの距離は1.5キロ、標高差200mの激登りが待っています。

(おわり)






|

« 春の雪山を眺める | トップページ | 三角点8ヶ所巡り(続き) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今年は残雪が少ないので標柱を探しやすいですね。
私はもうこれはきついかな!
数年前にはまだ雪が多く残っていました。
分かり易い冒頭の地図は参考になりますね。
あんな大きな鳥がいるのですね!
雉ですか?
可愛いですね。

のりこ様 おはようございます。その年によって違いますね。昨年は小浜のカタクリが咲いていましたし。点の記を調べたら色んな発見がありました。一枚の図に詰め込んだらごちゃごちゃしちゃいまして。(笑)登り始めたら山鳥が突然飛び出してきて、人懐こいのか暫く一緒に歩きました。

投稿: のりこ | 2017年3月22日 (水) 13時11分

角田山三角点8ヶ所巡り一筆書きとはまた凄いですね!三角点が8ヶ所も在るのですね!雪割草など花が咲き始めましたね。角田山もすっかり春ですね!

静岡の岳人さん おはようございます。8ヶ所巡ると結構タフなのですよ。一山に8ヶ所あるのも珍しいですかね。まだ咲き始めですがこれから本番でしょうか。先週末は県外から登山者が大勢入山したと聞きました。いつの間にか角田山はすっかりメジャーになりました。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年3月22日 (水) 13時49分

しゃくなげいろさま
その節はご苦労様でした。
思いのほか天気も良く、無事歩き通せ
安堵しました。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。この度は大変お世話になりました。アクシデントに際して的確な判断に感服いたしました。

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年3月27日 (月) 08時33分

始めまして、昨年水仙の咲く頃、宮の前コースを角田山目指して、登り始めたら、一人の女性の登山者から、この辺に三角点があるはずですが、解りませんかと尋ねられた、ことがあり、パソコンを操作してたら、このネットに辿り着き、懐かしくなって、メール致しました。
お尋ね致しますが、角田山外頻繁に山の便りを掲載して居った、リッキーのネームの霜鳥さんぷっつりと、記載されなくなり、本人にメールを発信しても、連絡が無く、皆さんのメンバ―で詳細がお解りでしたら、誠に恐縮ですが、お聞かせ下さい。

村田  稔様 こんにちは。訪問ありがとうございます。宮前コースの登り始めに通称焼き山といい、標高44.8mの三等三角点がありますね。登山道から外れているのでGPSがないとちょっとわかりづらいかな。あれからもう1年経ちますが、今月半ば過ぎに又三角点8ヶ所巡りをやります。上ったり下りたり山頂を3度往復する感じです。リッキーさんのことは存じ上げません。役に立てずすみません。

投稿: 村田  稔 | 2018年2月28日 (水) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角田山三角点8ヶ所巡り(その1):

« 春の雪山を眺める | トップページ | 三角点8ヶ所巡り(続き) »