« 雪割草パトロール清掃登山 | トップページ | 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 »

2017年4月 4日 (火)

春草萌ゆ

Img_2752_r<拡大>
両の手を広げて駆け出して来た人のように
見えませんか。

Img_2661_r

雪割草を辞書で引くと、広辞苑にはミスミソウの別称とあり春の季
語と出ていました。

Img_2672_r

ミスミソウの分布は関西以西で新潟県や北陸、東北の日本海側に
自生するものはオオミスミソウです。関東、東北の太平洋側にはス
ハマソウ(洲浜草)が自生しています。

Img_2674_r

葉っぱの形が三角なので三角草(ミスミソウ)。大ぶりの葉形なの
でオオミスミソウとは分かり易いです。

Img_2762_r

スハマソウ(洲浜草)はミスミソウに比べて葉っぱの形が丸みを帯
びているから州浜に例えたとはすてきな名前だと思います。

Img_2685_r_2

常緑樹のヒメアオキ(姫青木)が点在するような林内の

Img_2683_r

コナラ林の落葉が堆積した、ふかふかの林床に自生しています。
木々がようやく芽吹く今、咲いて懸命に光合成をして木々が若葉を
広げて山が新緑に覆われる頃、枯れて姿を消してしまう儚い命の
花たちなのです。

Img_2705_r

エンレイソウ(延齢草)が小さな花をつけ始めました。

Img_2716_r
(クリック)
日当たりのいいあちらこちらにキクバオウレン(菊葉黄蓮)が群生し
ていました。

Img_2742_r

イチリンソウ(一輪草)
膝折りて一輪草の中に坐し

Img_2711_r Img_2707_r Img_2754_r

俯きて堅香子の花風にゆれ

Img_2675_r_2

ショウジョウバカマも淡いピンク色で弾けるように咲き始めました。

Img_2761_r

清明の海青々と佐渡淡し
海を見下ろすところに早春の花々が一斉に咲き出しました。今角
田山はつかの間の春を謳歌するごとくにスプリングエフェメラルた
ちで華やかです。

(おわり)










|

« 雪割草パトロール清掃登山 | トップページ | 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「今角田山はつかの間の春を謳歌するごとくにスプリングエフェメラルたちで華やかです」・・・確かに、今まさに角田山は百花繚乱ですね!今が一番良いシーズンですかね!

静岡の岳人さん おはようございます。確かに季節の中で今が一番いい時かもしれませんね。
春本番前夜の頃はこれからの期待も持てるし。明日からまた雨、オイラは明日山行あるのでちょっと心配です。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年4月 5日 (水) 10時30分

おはようございます。
今年はランニングのほうがこの時期集中していて、雪割草の時期を逸したようです(笑)
そろそろ、宮前コースの入り口のお店で、クロクチ貝が美味くなる頃ですよね!?
それは逃さないようにしたいですね(笑)

kazu1954さん おはようございます。ランニングにご活躍ですね。宮前口の店でムール貝も売るのですか。美味しそうですね。(笑)

投稿: kazu1954 | 2017年4月 7日 (金) 10時00分

しゃくなげいろさま
角田山の花々の個々の写真、生き生きと
表現されています。

毎度毎度 遅いcommentでご多用のところ
ご迷惑をお掛けしています。
三角点8カ所巡り(続き)にもcomment残してあります。

輝ジィ~ジ様 おはようございます。いつもありがとうございます。確かに角田山の春植物は個性的ですね。今の季節が一年中で一番輝いていると思いますね。8ヶ所巡りコメント頂いていたのに大変失礼しました。すぐ戻ってお返事します。すみませんでした。(汗)

投稿: 輝ジィ~ジ | 2017年4月11日 (火) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春草萌ゆ:

« 雪割草パトロール清掃登山 | トップページ | 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 »