« 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 | トップページ | 剣ヶ峰はカタクリ山。 »

2017年4月11日 (火)

南沢の小滝巡り

Img_2908_r_2<拡大>
4月7日(金)雨のちくもり
今日は黒滝城大手道の南沢を登り小滝群を
巡りました。

Img_2891_2_r

県道麓ー野積線(冬期閉鎖中)を麓集落ゲートから歩いて竜ヶ沢
から大手道に入りました。

Img_2889_r_2
(クリック)
案内板では現在地から黒線の⇒を辿り南沢に入って右股分岐ま
で登り、左股を絡んで国上山~剣ヶ峰縦走路に出るコースを取り
ました。

Img_2896_r

左は堰堤に向かう道なので、この二股は右手を上って1つ目の堰
堤を越え、一旦沢に下りたら渡渉して対岸から2つ目の堰堤を越
えました。

Img_2897_r

ここから今日の沢歩きがスタートします。

Img_2898_r

小沢を跨いで右に渡渉して。

Img_2899_r
(クリック)
先ず現れたのは3段の滝でした。

Img_2901_r
(クリック)
今朝の雨で水量が豊富です。落ち口跨いで対岸に渡りました。岩
質の故でしょうか。沢床の岩は皆特徴的な赤茶色をしています。
岩走る水美しき木の芽雨

Img_2902_r
(クリック)
次は2段の滝。姿がとてもよろし。

Img_2903_r
(クリック)
蕪(かぶら)の滝というそうです。そう言われればなんとなく…。

Img_2904_r

かすかな踏み跡を拾いながらまた渡渉。苔むしていて滑るので微
妙なバランスでひょいと跳んで…。

Img_2905_r
(クリック)
堂々の一本滝です。右から越えました。

Img_2907_r
(クリック)
こちらは5メートルの滝です。赤いマーキングを目印に左から越
えました。

Img_2909_r

名もない小さな滝です。

Img_2910_r

沢幅も次第に細くなって来ました。

Img_2911_r

最後の小滝を跨いで越えると…。

Img_2915_r

沢音は次第に遠のいて尾根を絡み、濡れ落葉を踏んで藪椿の林
に入って行きました。

Img_2919_r_3
(クリック)
今朝の雨こぼして赤し藪椿

Img_2917_r_2
(クリック)
点々とくろもじの芽のうすみどり
黒文字の木を分けるとひょっこり縦走路に出ました。ちょっとスリ
リングで面白い滝巡りが出来ました。

(おわり)







|

« 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 | トップページ | 剣ヶ峰はカタクリ山。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

確かに見事な小滝巡りですね!何か所あるのでしょうか?ところで写真と俳句がピタリと決まって様になっていますよ!これらは下山後 写真を見て思い出しながら句をひねるのですか?

静岡の岳人さん おはようございます。小滝は12、3あったかな。7m以上を滝と呼ぶそうですからそれ以下の名もない小滝ばかりなのです。カメラを構えながら一応ひねります。おしっこしてふっと気が抜けたときにいい句が浮かんだりするのですよ。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年4月11日 (火) 09時22分

肩の力がふっと抜けると、良い句が出来るのですね!!!

kazu1954さん おはようございます。いやぁーまーお恥ずかしい話で。師匠がよく「俳句は授かるもの」って言うのですが、オイラのはこねくり回すだけでその「授かる」タイミングが中々来ないのですよ。(笑)

投稿: kazu1954 | 2017年4月11日 (火) 17時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65133635

この記事へのトラックバック一覧です: 南沢の小滝巡り:

« 天狗(てぐり)谷の水芭蕉 | トップページ | 剣ヶ峰はカタクリ山。 »