« 芋を植う | トップページ | 夏わらび摘む »

2017年5月30日 (火)

夏海老根咲く(角田山)

Img_3481_r(拡大)
5月23日(火)晴
夏エビネが咲きました。上品で優雅です。
一と月ぶりに角田山に登りました。

Img_3482_r
(拡大)
山芍薬が「山の貴婦人」ならこれは何と?見れば見るほどエレガ
ントですね。

Img_3443_r

半日蔭の道端に沿って大群生していました。角田山のオドリコソ
ウ(踊子草)は白黄色です。

Img_3444_r

蜂にゆれ蝶にまた揺れはなうどは
ハナウドは芹の仲間でシシウドとは違います。

Img_3452_r

ウワバミソウ(蟒草)が小花をつけていました。明るかった林床は若
葉が覆って半日蔭になりました。

Img_3453_r

ぜんまいの葉の平らかにうすみどり

Img_3465_r

大岩の下にユキノシタ(雪ノ下)が涼し気に咲いていました。林床
のスプリングエフェメラルたちは姿を消して夏植物に取って代わら
れました。

Img_3466_r

サンカヨウ(山荷葉)の青い実は酸っぱいです。

Img_3485_r
(拡大)
ホタルカズラ(蛍蔓)の鮮やかな青がステキです。白い星形が蛍の
光を連想させるのが名の由来とか。根が古代染料のムラサキの
仲間です。

Img_3502_r

模糊として蒲原五郡夏霞

Img_3509_r

木漏れ日に翅休めをり夏の蝶

Img_3515_r

ひらひらと蝶ひらひらと風五月

Img_3519_r

メノマンネングサ(雌之万年草)が日当たりのよい岩場に満開で
す。佐渡の金北山麓にも今頃咲いていることでしょうか。

Img_3523_r

野茨の白花が海風に負けじと咲いていました。

Img_3530_r

ナワシロイチゴ(苗代苺)が小さな花をつけていました。来月来たら
赤くて甘い果実をつけているかしら。

Img_3536_r

ハマナス(玫瑰)の花のまわりは甘い香りが立ち込めて立ち去り
がたい気分です。

Img_3538_r

「ハ~イバディ!ア・リ・ガ・トね」と外人さんたちが登ってきました。

Img_3527_r

千両かそれ以上ある小判草

Img_3429_r

海を見下ろす崖に真紅のノアザミが揺れていました。

Img_3395_r

空青し玲瓏として鱚(きす)を釣る
いよいよ暑い夏到来でしょうか。

(おわり)






|

« 芋を植う | トップページ | 夏わらび摘む »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当に角田山の花は季節ごとにいろいろ咲きますね!夏エビネも珍しいです、ハマナスも綺麗ですね!これから夏の花がいろいろ咲くでしょう、楽しみですね。

静岡の岳人さん おはようございます。角田山は月変りに咲く花を楽しみに登る機会が増えそうです。夏エビネはエレガントですね。ハマナスの群生地を通りかかると甘い匂いにうっとりするのです。蜂の気持ちが判るようです。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年5月30日 (火) 11時12分

どれも皆素敵な花ですが、私はノアザミの色がとても好きです。これから初夏の花が楽しみです。ただこの2~3日の寒さの戻りには参ってしまいます。社員の風邪ひきもチラホラ。少数精鋭なので(笑)人員のやり繰りが!?

kazu1954さん おはようございます。風に揺れる野薊は絵になりますよね。6月にスカシユリが咲いたら見に行きたいと思っています。今朝も寒いですね。最近の寒暖の差にはホントついて行けません。社員の病欠の補充も大変なのですね。経営者は。

投稿: kazu1954 | 2017年6月 3日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65327723

この記事へのトラックバック一覧です: 夏海老根咲く(角田山):

« 芋を植う | トップページ | 夏わらび摘む »