« 袴腰山に登る | トップページ | 笹団子を作る »

2017年5月22日 (月)

新道「ぶなの道」

Img_0106_r_2(拡大)
登ったり下りたりまた登ったり下りたりなかなか
タフな道でした。

Img_0065_r
(クリック)
袴腰山との分岐の見返りの丘から始まる新道は2004年の秋(平
成16年)に開通しましたが、その後の集中豪雨で登山道が荒れて
一部通行止になっていました。

 

Img_0078_r_2
(クリック)
改修が済み今は回復しています。終点の粟薬師登山道合流点ま
で4.5km約3時間。見る限り結構遠いです。

Img_0079_r

出だしは緩やかに。

Img_0080_r Img_0081_r

すぐに崖地となり下降は固定ロープが張られていました。

Img_0082_r

「鹿熊越」(かくまごえ)です。北側の鹿熊集落と南側の北五百川集
落を結ぶ往還道だったようです。峠には小さな石祠がありました。

Img_0083_r

450mピークを越すと上沢見晴場に出ました。木のベンチが設え
られて守門岳を真正面に見ながらよい休場でした。

Img_0085_r Img_0089_r

ここまで約1時間ちょっと。この先を鞍部へ下った所で北五百川集
落から上ってきた登山道と合流しました。

Img_0092_r

アップダウンが続き、丁度お昼時になった所でランチにしました。
展望はなくともぶなの新緑とイワカガミロードです。

Img_0094_r

午後は出だしから大きく下り左へ曲がり気味に道は進んでいきま
した。

Img_0096_r

ヒメサユリはまだ蕾でした。

Img_0098_r

沢の源頭部を通過する時、左手に水場がありました。とっても冷
たくて美味しい水でした。

Img_0105_r

100m直登して左上の尾根の上に出た所が「山伏塔の見晴場」で
した。切り立った崖上から雄大な眺めが広がりました。

Img_0101_r
(クリック)
振り返ると袴腰山も遠のきました。

Img_0103_r
(クリック)
終点の粟薬師はと探すと、谷を隔てた先の雲の影のその先でまだ
まだ遠いのでした。標高差200mの登りが待っていました。

Img_0109_r

最後はヨレヨレになって合流点に辿り着きました。もう歩かなくて
も済むって思ったらホッとして…

Img_0114_r

合流点から一息に下山しました。

Img_0119_r
(クリック)
最後に新種アワガタケスミレ(粟ヶ岳菫)を見ることができました。

(おわり)

 

|

« 袴腰山に登る | トップページ | 笹団子を作る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

新道「ぶなの道」はかなりアップダウンのきつい道ですね!ぶなの新緑とお花もいろいろありそうですね!

静岡の岳人さん おはようございます。アップダウンとヒルとダニと毛虫にやられて花を見る余裕が。(笑)花はイワカガミがやたら目につきました。アワガタケスミレ(粟ヶ岳菫)がきれいでしたね。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年5月22日 (月) 12時31分

通過タイムを見ると、結構ハードに行程をこなしているようですね!?体力気力とも壮健な方々なのですね。

kazu1954さん おはようございます。新潟県山岳協会の自然保護指導員研修講座のフィールド研修でした。各山岳会指導員の方は百戦錬磨の猛者揃いなのです。オイラはもうついて行くのがやっとで。(笑)色々勉強させてもらいました。

投稿: kazu1954 | 2017年5月25日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65291814

この記事へのトラックバック一覧です: 新道「ぶなの道」:

« 袴腰山に登る | トップページ | 笹団子を作る »