« 山里の古寺巡礼 | トップページ | 袴腰山に登る »

2017年5月20日 (土)

八木神社と八木ヶ鼻

Img_0051_r(拡大)
5月14日(日)晴
八木ヶ鼻のある八木山の山頂に登りました。
残雪の守門岳がきれいです。

 

Img_0015_r

今朝5時起きして高速道で下田(三条市)の五十嵐川の畔に聳え
る八木ヶ鼻の大岩壁の前まで来ました。

Img_0011_r_2

まだ受付時間まで間があるので麓に鎮座する八木神社に参拝し
ていくことにしました。

Img_0003_r

創建は平安時代の初期、大同2年(807年)と云われ八木大明神
と守門大明神の二神を祀る由緒ある古いお宮です。

Img_0008_r

南朝のゆかりの宮の若葉風

Img_0014_r

八木ヶ鼻の大岩壁の中腹にハヤブサの繁殖地があって県の天然
記念物に指定されています。指定されたのは昭和40年。「それ以
前はよくクライミングしたものさ。」と先輩氏が言いました。

Img_0023_r

二つの川が合流する奥に守門岳が見えました。これから研修会場
に向かいます。
新樹光二つの川の合うところ

Img_0021_r

長閑な山里の今は廃校になった小学校跡で開催中の自然保護研
修会に来たという訳です。

Img_0022_r_2

ヤマヒル除けのスプレーです。これからそろそろ蛭が出始めるので
今日の必携アイテムです。

Img_0029_r

今日の研修課題は「下田山塊の植物とフィールド研修」です。

Img_0037_r

ジゴクノカマノフタだー!と。地獄の釜の蓋とはネーミングが凄い
です。

Img_0036_r

でも上品な青紫色の花なのですが。医者要らずと云われるほどに
薬効があるので、地獄へ行かずに済むというのが名の由来とか。

Img_0039_r

ユキグニカンアオイ(雪国寒葵)を見つけました。貴重種です。

Img_0043_r

大岩壁をなぞるようにジグザグに急登を辿って稜線のT字路に出
ました。右折して山頂へ向かいました。

Img_0044_r

四等三角点を囲むようにベンチがある小広い展望台に出ました。

Img_0052_r
(クリック)
ゆっくりと大雪渓を雲動く
これから袴腰山へ向かいます。

(おわり)

|

« 山里の古寺巡礼 | トップページ | 袴腰山に登る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

日本山岳協会の自然保護指導員ですね、私もそうです。昨日 南アルプス ライチョウサポーターの講習会に参加しました、絶滅危惧種で最南端は南アの仁田岳・茶臼岳辺りに数羽生息している様です。北岳辺りも随分と減っている様です。赤石岳辺りで良く見かけます、これからはライチョウを見つけたらレポートしなければなりません。

静岡の岳人さん おはようございます。ライチョウサポーターですか。ご苦労様でございます。新潟県も火打山の調査ではイノシシに雷鳥の巣が荒らされたと聞きました。生態系に色々支障が出ているのでしょうか。地道な保護が必要な時期なのかもですね。サポートお励み下さい。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年5月21日 (日) 07時49分

講習会の話ではゲージ保護、動物園での卵飼育など保護に力を入れている様ですがなかなか上手くいかないようです。生息環境の悪化・天敵による捕食の危険性増加などいろいろ原因はあるようです。5羽位ののヒナを連れた親子を見かけますが、その内1年以上生き残るのは1羽位との事です。これからはライチョウを見かけたら大事にしなければいけませんね!

静岡の岳人さん おはようございます。雷鳥のヒナの生存は5羽のうち1羽とは厳しいですね。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年5月22日 (月) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65291806

この記事へのトラックバック一覧です: 八木神社と八木ヶ鼻:

« 山里の古寺巡礼 | トップページ | 袴腰山に登る »