« 光兎山に登る | トップページ | 桑の実ジャムを作る »

2017年6月24日 (土)

光兎山のひめさゆり

Img_0047_r_3(拡大)
今日のメインはこの花。うす紅色の楚々とした
風情がステキです。

Img_0019_r

ぶなの新緑も清々しいです。ぶな若葉からぶな青葉の季節になり
ました。

Img_0017_r

花を終えたイワウチワの青葉の脇にギンリョウソウが発生してい
ました。

Img_0030_r

山ツツジの朱色が雨上がりの緑葉に映えます。

Img_0032_r

ウラジロヨウラクかと思いきやサラサドウダン(更紗満天星)でした。

Img_0044_r

ダイセンヤマナメクジは巨大です。

Img_0053_r_2

また霧が山を隠してしまいました。

Img_0041_r_2
(クリック拡大)
梅雨寒の山にほつほつ姫小百合

Img_0050_r_2 Img_0055_r_2
(クリック拡大)
霧が晴れるとヒメサユリたちが姿を表しました。露をかぶった花房
がみずみずしいです。

Img_0048_r Img_0054_r

雷峰を越えて与平戻し頭までヒメサユリロードが続きました。今年
は多花性の周期に嵌ったのか、咲き誇るようでした。

Img_0065_r Img_0067_r Img_0069_r

山の楽しみはコレ。花より団子。

Img_0070_r

これは何?ホツツジ(穂躑躅)の若葉とか。マニアック~!

Img_0075_r
Img_0081_r_2

下る頃漸く光兎山が姿を見せてくれました。

Img_0091_r

シロバナニガナ(白花苦菜)がひっそりと咲いていました。花びら5
~7枚がシロニガナで8~11枚がシロバナニガナというそうです。

Img_0095_r

ハンドメイドスィーツ(いちぢくの甘煮)を頂きました。

Img_0097_r

下山したら晴れました。

(おわり)

 

|

« 光兎山に登る | トップページ | 桑の実ジャムを作る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今年は光兎山には登れませんでした。
安直に姫小百合に出会える山もありますが、労多くして登ったご褒美で逢えるのは一入ですね。
私はヤマナメクジが好きで(と言うと皆に不思議な顔されますが)信越トレイルで木にへばり付いている巨大ヤマナメクジを見ました。
ダイセンナメクジは色が少し黄褐色なのを言うようですね。

のりこ様 おはようございます。険しい山の岩陰にひそと咲く姿を見たらきっと癒されるでしょうね。山ナメクジが好きとはマニアックですね。(笑)きのこが好物といいますから、その生態をもっと知れば案外かわいい動物かもですね。

投稿: のりこ | 2017年6月24日 (土) 11時03分

自生するヒメサユリは今頃はかなり高いところでしか見れないんでしょうけど。
今年は観る機会がありませんでした。
雨上がりだと緑も鮮やかでしょう。
こんな文書を書いていると、これから仕事やめて行きたくなります(笑)

kazu1954さん おはようございます。飯豊山ではまだ蕾だったと仲間に聞きました。これから段々高所に移っていくのでしょうね。雨上がりの霧まく山の花たちも活き々していていいものです。お忙しい合間を縫って是非どうぞ。

投稿: kazu1954 | 2017年6月24日 (土) 12時07分

[梅雨寒の山にほつほつ姫小百合]ヒメサユリ可憐で綺麗ですね!ヒメサユリロードを歩くのは気持ち良いでしょうね!それに引き換え巨大ダイセンヤマナメクジは気持ちが悪い!

静岡の岳人さん おはようございます。新潟は空梅雨で今の所さっぱり降らないですね。梅雨が明ければカァーっと暑い夏になるのでしょうけど、今の所降るでなし降らぬでなしで丁度よい状態の中で山の生き物は活き活きしているようでした。山はきれいな花もグロテスクなものもいっぱいいてまだまだ未知の世界ですね。


投稿: 静岡の岳人 | 2017年6月26日 (月) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光兎山のひめさゆり:

« 光兎山に登る | トップページ | 桑の実ジャムを作る »