« 夏越の祓(半年詣り) | トップページ | 虫干しをする »

2017年7月11日 (火)

梅雨の句会

Img_0009_r(拡大)
7月2日(日)くもり
指さす先に蜷(にな)の這い回った跡を見つけま
した。吟行は小さな感動探しです。

Img_0003_r_2

梅雨めくは貂の話と生死句碑

今日は俳句同人の月例句会に23名が集まりました。昭和4年(
1929)に俳誌「真萩」が創刊されて以来、亀田町(新潟市)を中
心に孜々営々と80有余年、伝統俳句を守り続けて来ました。

Img_0011_r

高浜虚子が主宰したホトトギスで4S(水原秋櫻子、山口誓子、阿
波野青畝、高野素十)といわれた俊才の一人高野素十(すじゅう)
先生を中心に多くの俳人が集まり亀田に農家俳句の文化が花開
きました。

Img_0005_r

やうやくに喜雨至りたる大青田
素十門の孫弟子、曾孫弟子が同人となって今も活躍中ですが皆
老いてしまいました。

Img_0024_r

法螺貝の鳴る喜雨休み今はなし

この伝統の俳句文化を後世に残して行きたいと思うこの頃です。

((おわり)

|

« 夏越の祓(半年詣り) | トップページ | 虫干しをする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

高野素十先生を中心に多くの俳人が集まった亀田の農家俳句の文化凄いですね!歴史と伝統がありますね。「この伝統の俳句文化を後世に残して行きたいと思うこの頃です」貴兄はさすがご立派です!!私は最近 農作業が毎日いろいろ忙しいです!ジャガイモの収穫が終わった後の畑は草刈りをして、雑草防止の黒いシートを張りました。夏野菜は毎日収穫しています、これから枝豆、スイカ、カボチャが採れそうです。

静岡の岳人さん おはようございます。新潟医科大学(現新潟大学医学部)の教授連と亀田の農家俳人との交流があり、その伝統が今も続いているのです。オイラも山仲間の同人の一人に誘われて俳句を始めた訳ですがその層の厚さに今更ながら驚いているところです。
静岡の岳人さんも農作業忙しそうで何よりです。雑草シート対策の黒シートとはよさそうですね。真似してみようかな。(笑)自採りの西瓜楽しみですね。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年7月12日 (水) 08時52分

うーん  感服しました。

kazu1954さん おはようございます。吟行して同じものを見ている筈なのに先輩方の掲句は十人十色、味のあるいい句が出来るのです。オイラもいつも「うーん」と感服しっぱなしです。(笑)

投稿: kazu1954 | 2017年7月13日 (木) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨の句会:

« 夏越の祓(半年詣り) | トップページ | 虫干しをする »