« 秋はひねもす鯊日和 | トップページ | 千国揚尾根から天狗原 »

2017年9月23日 (土)

風吹大池に登る

Img_0285_r_2(拡大)
9月19日(火)晴
風吹天狗原は広々と伸びやかで草黄葉が
早くも始まっていました。

Img_0235_r

R148を平岩駅前から右折して蓮華温泉に向かいました。白池公
園で靴を履き、次のバス停留所からすぐ支尾根に取り付きました。
笹目尾根まで標高差300mの急登が始まりました。

Img_0238_r

大ブナと黒檜(くろべ)の大木の林を縫うように、走り根を跨いでぐ
んぐん高度を稼ぎました。

Img_0246_r

笹目尾根を辿ると、シラビソの木の間越に雪倉岳が見えました。

Img_0255_r
(クリック拡大)
右手(南西方面)に根を張った堂々の山は白馬乗鞍岳でした。

Img_0256_r
(クリック拡大)
ようやく見えてきたけど、あそこまではまだまだ遠い風吹岳と岩菅
山なのでした。

Img_0257_r

緩やかなアップダウンを繰り返して樹林の中を進みました。

Img_0258_r_3
(クリック拡大)
笹目尾根の高台に立つと糸魚川方面の眺望が開けました。

Img_0262_r

風吹天狗原は伸びきった水芭蕉がいたる所に生えていて、湿草
原はぬかるんでぐちゃぐちゃの道でした。

Img_0282_r
(クリック拡大)
山の上の大湿原の草黄葉

Img_0288_r

さざ波のいよいよ蒼し沼の秋

Img_0295_r

標識柱に従って風吹大池の周回路を辿りました。

Img_0298_r Img_0300_r

ひろびろと原ひろびろと風は秋
池尻から岩菅山の裾に沿って池畔を先へ進むと「神の田圃」の大
湿草原に出ました。霧が流れて幻想的でした。

Img_0312_r Img_0313_r

1888mの風吹岳に登りました。東方面の眺望が開けていて高妻
山、乙妻山が雲の上に見えました。

Img_0320_r Img_0322_r

小屋に到着しました。先ずはカンパ~イ!お疲れさ~ん。これが
やりたくて山に来ているようなものでして。

Img_0324_r

友と酌む山小屋暗き秋灯下

_r
(クリック拡大)
GPS軌跡(赤い線が今日歩いた軌跡。上り5時間40分休憩含む)

湿原の草黄葉の中を主稜の山々を眺めて歩き、暖炉を囲んで友
と酌むと秋の夜は静かに更けていくのでした。

(おわり)

|

« 秋はひねもす鯊日和 | トップページ | 千国揚尾根から天狗原 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

風吹大池は昨年の会山行を参考にして単独で行きました。蓮華温泉を基点にして行ったのですが、行きに笹原に熊と思しきガサガサという物音を聞き、怖くて!怖くて!
翌日の帰路は長い行程で疲れました!
でも良い処ですね!

のりこ様 おはようございます。あの長行程を単独行とは素晴らしい。笹目尾根は熊が出そうなポイント結構ありましたね。2日間オイラ達だけの貸切で、静かでいい所でした。

投稿: のりこ | 2017年9月23日 (土) 19時58分

風吹岳、風吹大池まだ行った事がないですが良い処ですね!私は23日~24日に磐梯山・安達太良山に行きました。山頂辺りは紅葉が見事でしたよ!特に磐梯山は下から見ても全山綺麗でした。

静岡の岳人さん おはようございます。歳を取ると峨々たる山稜よりか、その下の草原湿原が丁度よいようで。(笑)安達太良山は紅葉が始まりましたか。磐梯山が全山紅葉とは素晴らしい。オイラも行きたくなりました。

投稿: 静岡の岳人 | 2017年9月25日 (月) 09時05分

素敵な山行ですね!
私は昨日、谷川岳を登ってきました。
土曜にしようか日曜か迷ったのですが、山天の予報を参考にして大正解でした。まだ紅葉にはでしたが、トマの耳、オキの耳とも素晴らしい眺望で、万太郎山から仙ノ倉への稜線の眺めも最高でした。それよりも素晴らしかったのは、トマの耳へ戻る際に、一ノ倉沢から大岩壁を登るクライマーを眼下に観る事が出来ました。神でした!!

kazu1954さん おはようございます。秋の谷川岳登行とはステキな時間を過ごされましたね。肩の小屋前に立って望む主稜線の景色は魅力的でしょうね。本チャンの登攀を目撃されたとは。オイラも想像しただけでワクワクしてきました。(笑)

投稿: kazu1954 | 2017年9月25日 (月) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65819183

この記事へのトラックバック一覧です: 風吹大池に登る:

« 秋はひねもす鯊日和 | トップページ | 千国揚尾根から天狗原 »