« 秋の宮参り | トップページ | 朱鷺を見に行く »

2017年10月23日 (月)

素十忌40周年記念句会

Img_0504(拡大)
10月9日(月・祝)晴
今年の素十(すじゅう)忌は40周年記念大会
となりました。

Img_0517

今年の素十忌(すじゅうき)に全国から63名の雪同人が集合しま
した。40周年の節目の大会というので、東京の某大手出版社の
編集長氏と某大物俳人が取材のためにと参加されたのでした。

Img_0507

高野素十(たかのすじゅう)、素十は俳号です。俳人高浜虚子の高
弟で新潟大学医学部教授時代に同教授の中田みづほ先生たちと
俳誌「まはぎ」を刊行して亀田に俳句文化を育てられました。

Img_0509

「三日月の沈む弥彦の裏は海」(素十)
素十先生の壮年期の遺影と自筆の句が祭壇に飾られました。三
日月の句はオイラのお気に入りの一句です。素十先生亡き後も
忌を修し、遺徳を偲んで毎年市内の老舗ホテルで句会を続けて
来たのでした。

Img_0520

・口遊む三日月の遺句素十の忌
・子持ち鮎川下る頃素十の忌        
 (主宰選2句)

・素十筆小短を蔵す萩の宿           
互選2点句
・金風忌済めば海鳴る日の多し           
5点句
・口遊む三日月の遺句素十の忌           
2点句
・子持ち鮎川下る頃素十の忌            
 2点句

Img_0521

現在は蒲原ひろし先生が主宰を務められて今年で40周年、俳誌
雪創刊後481号を数える節目となりました。

Img_0526

ここまで来れば500号はもう直ぐです。益々盛り立てて行きたい
ものです。

(おわり)





|

« 秋の宮参り | トップページ | 朱鷺を見に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「口遊む三日月の遺句素十の忌」なかなか良い句ですね!素十忌の40周年記念大会盛大ですね。貴兄も雪同人の一人なのですか?たいしたものですね!

素十先生の三日月の句がオイラは好きなのです。会員は皆老人ですが、この日のために北は北海道、南は九州から飛行機で駈けつけて、前日からホテルで句会を開くという強者揃いなのですよ。(笑)キャリア40年のベテランも駆け出しのオイラでも投句、互選は皆平等なので居心地がいいのです。(笑)

投稿: 静岡の岳人 | 2017年10月23日 (月) 10時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/65943268

この記事へのトラックバック一覧です: 素十忌40周年記念句会:

« 秋の宮参り | トップページ | 朱鷺を見に行く »