« 久々の里山歩き | トップページ | 白鳥帰る »

2018年3月10日 (土)

里山は雪解時

Img_1914(拡大)
3月7日(水)晴
久々に山行の日と晴天が重なりました。 今日は
里山を三山かけて縦走しました。

Img_1851

JR矢代田駅から住宅地の中を歩き、除雪端から取り付きました。

Img_1890

3月に入ると雪は固く締まって、今日は壺足で歩けました。

Img_1902

野仏に雪三尺の峠道
「ほとけじとうげ」といいます。余五将軍(平維茂)を慕い京より下向
した「側室菊の方」にまつわる悲話が今に残る峠道に立ちました。

Img_1912

その昔遺民一揆の山雪解
一つ目の山、菩提寺山は慶長の代に豊臣恩顧の上杉方と徳川方
の攻防戦が行われた古戦場なのです。

Img_1918
(クリック拡大)
羽の国の山皚々と春霞

Img_1919

菩提寺山を下り二座目の高立山に向かいました。日が上ると雪
が緩んでトレースを外すと時々ド壷に嵌ります。

Img_1923

急斜面にへばりつくように凍みた残雪の上を微妙なバランスで登
りました。

Img_1928

山小屋のとろとろとろと春暖炉

高立山頂の小屋は暖かでした。

Img_1932

かんじきを履いて高きを行く男

Img_1938

午後は輪樏を付けて高立山を下り、三座目の護摩堂山に向かい
ました。午後の日照でグサグサに腐った雪はワカンをつけても結
構沈みました。

Img_1952

杉の樹林帯を抜けて尾根が痩せて来ると、吹き曝しの雪面がバリ
バリに凍っていて気を遣いました。

Img_1953

低山とはいえ急崖の地点はことに緊張する所です。

Img_1957_2

空青し雪深々と砦跡

戦国時代、護摩堂山には山城がありました。小広い本丸跡にはベ
ンチが置かれて好展望台になっています。今日はひっそり閑と静
かでした。

Img_1960 Img_1961

一等三角点補点がある三角点峰は本丸城址の更に南にあって
アップダウンをくりかえして登り着いた所は、周囲を木立に囲まれ
て展望が利きませんでした。

Img_1959_3

三角点を見当をつけて掘ってはみたものの、厚い雪の下から出て
来ませんでした。

Photo_2
(クリック拡大)
GPS軌跡(歩程 8時間 総距離16.7km休憩含む)
今日はJR信越線矢代田駅をスタートして西山三山を縦走して
JR田上駅までたっぷり8時間いい歩きができました。

(おわり)

|

« 久々の里山歩き | トップページ | 白鳥帰る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

長靴にワカンで登山、凄いですね!静岡では見られない格好ですね!雪解けとは言え里山でもまだまだ雪がありますね!

静岡の岳人さん おはようございます。新潟の雪山の定番スタイルはやはりゴム長に輪樏です。以前トンガリ山にスノーシューで挑んで敗退して以来、ワカン党になりました。(笑)今年は大雪だったので春は遅いかもしれませんね。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年3月11日 (日) 17時09分

おはようございます。これだけ厳しい冬でしたから、里山も雪がかなり残っているんですね。1000Mクラスになると4月末も残ってますかね?

kazu1954さん おはようございます。今年は多いですね。仲間の話では五頭山の三ノ峰小屋付近の積雪は例年の倍以上あるそうです。でもこれから一気に雪解けが進むからGWにはそこそこじゃないかなぁ。(*^^*)

投稿: kazu1954 | 2018年3月13日 (火) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山は雪解時:

« 久々の里山歩き | トップページ | 白鳥帰る »