« 残雪の里山歩き | トップページ | 小浜尾根を登る »

2018年3月19日 (月)

春の吟行句会

Img_2109(拡大)
3月17日(土)晴
東京から著名俳人を迎えて句会に出掛けました。

Img_2098

固き芽のうごきはじめし戻り寒
ようやく春めていて、藤の芽の綻びかけた処に今日の戻り寒の風
の冷たさが藤棚の芽の動きを止めるかに思いがちですが、さにあ
らず。自然の摂理を知っている藤の芽は、しっかりとゆっくりと動
いていくのだよ。ってそんな気持を詠んでみました。

Img_2099

今日は横浜と小田原から二人の俳人が新潟に来られました。

Img_2087

大きいのが「はるみ」、小さいのが「湘南ゴールド」とか。お土産を
頂きました。

Img_2086

試しに齧っってみたら固まってしまうほど酸っぱかったー!

Img_2095

釜炊の湯気のかぐわし春昼餉
羽釜炊飯とは懐かしい。昔、学生時代に山のクラブでコッフェル
で飯炊いた話でみなさんと盛り上がったのでした。

Img_2094

炊き上りのご飯と素朴な田舎料理を美味しくいただきました。

Img_2108

門土蔵大玄関に木の芽風

戻り寒の日の開けっ放しの豪農の館はさすがに寒かったです。

Img_2107

豪農の百畳敷の贅の春

百畳敷の大広間は見応えがありました。

Img_2110

春鱒を載せ滔々と雪解川
途中土手の上から見た雪濁りの阿賀野川の印象を詠んでみまし
た。これからシンキングタイムの真剣勝負に入りました。

(おわり)

|

« 残雪の里山歩き | トップページ | 小浜尾根を登る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

暖かくなったらまた頻繫にブログアップしますね!楽しみにしておりますので宜しくお願い致します!「昔、学生時代に山のクラブでコッフェル
で飯炊いた・・・」そう言えばテント泊してコッフェルで沢山の飯を炊きましたね!私は飯炊きが上手でした!良い思い出ですね!最近は山小屋泊まりですから山で飯を炊きませんね!

静岡の岳人さん おはようございます。そうですね。昔は天泊が基本だったから白灯油でラジウス焚いて食糧班で飯炊きさせられましたっけ。青春の思い出ですね。(*^^*)歳取った今は重くてテントも担げません。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年3月19日 (月) 11時25分

桜鱒でしょうか!?美味そうな!!
桜鱒にはまだ早いか?
伊藤様のお屋敷ですか?
すっかり春めいてきました。
JRの車両工場の桜もほんのりと色づいてきました。朝一番に納車に伺った事務所の駐車場から素晴らしい山並みが見えました。
左奥に飯豊 右横に菅名岳その奥に川内山塊 更に粟が岳 最後に守門岳
みな、青空の下、真っ白な雪を被って神々しいほどでした。貴兄ならここで名句を詠む処でしょうね。

kazu1954さん こんにちは。今日は戻り寒でしょうか。風が冷たく感じられました。飯豊も川内山塊も残雪がきれいでしたね。先日は伊藤様の味噌蔵で句会でした。春鱒料理みたいですね。中々美味でした。桜が咲く頃に遡るからさくら鱒っていうそうですね。もう来週あたり咲き出すのでしょうか。そうするとまた飲み会ですね。( ´艸`)

投稿: kazu1954 | 2018年3月31日 (土) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の吟行句会:

« 残雪の里山歩き | トップページ | 小浜尾根を登る »