« 船を見に行く | トップページ | 山菜採りは楽し »

2018年5月 3日 (木)

高陽山に登る(西会津町)

Img_2757(拡大)
4月29日(日・祝)晴
今日は西会津町の高陽山に登りました。 急登
の山でした。

Img_2718
(クリック拡大)
エンゴサク(延胡索)のブルーがすてきです。

Img_2719

高陽山は飯豊連峰の三国岳から東南に派生する県境尾根の末端
に位置して、地元では大字の高陽根(かやね)の山なので「かやね
さん」と呼ばれているようです。

Img_2720

奥会津奥の山家の遅田打ち
登山口の中ノ沢集落は遅い春の芽吹きが始まっていました。

Img_2726

どどどどと岩削る音雪解水
雪解沢が水量を増して渡渉に気を遣いました。

Img_2729

熊を見しとて春泥を逃れ来ぬ
沢をいくつか渡っていると「子連れ熊に遇った~」といって血相変え
て下山して来た若者とスライドしました。

Img_2735

「…みんなで渡れば怖くない」の心境で要所々々でホイッスルを吹
いて登ったら、それ以降は熊は姿を見せませんでした。

Img_2760

岩うちわほつほつ咲いて山笑ふ
尾根取付き点から立ち上がっていきなりの急登が始まりました。
足を揃えた途端に、ずり落ちそうな急坂に可憐なイワウチワが咲
いていました。

Img_2761

ブナ林帯に変わると残雪が現れてもキツイ急登が続きました。

Img_2772

稜線に出ると大景観が待っていました。

Img_2776 Img_2778

格別の一杯です。

Img_2785_2
(クリック拡大)
皚々の大日岳に風ひかる
大日岳が真正面にドーンと。

Img_2786
(クリック拡大)
旧会津領の山々雪解遅々
行きたくてもオイラにそのスキルはないので、只々行けない烏帽子
山の姿に見とれたのでした。

Img_2790

帰りはルンルン下りだけですから

Img_2815 Img_2820

途中でフキノトウや赤こごみを摘みました。

Photo
(クリック拡大)
GPS軌跡(歩程7時間 上り3時間30分 下り3時間30分
休憩含む)
連休初日は好天に恵まれて思い出に残る山旅が出来ました。

(おわり)

|

« 船を見に行く | トップページ | 山菜採りは楽し »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

まだまだ山には雪がたくさん残っていますね!これからまた山菜採りシーズンになりますね!先日宿泊した両神山荘では山菜料理のオンパレードでしたよ。特に山独活の酢みそあえが美味しかったですね!

静岡の岳人さん おはようございます。山にはたっぷりの残雪です。雪が解けて虫がわくまでの今の季節が山で最良の季節だと思いますね。宿は独活尽くしですかー。お酒が進みましたね。(^^)

投稿: 静岡の岳人 | 2018年5月 3日 (木) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高陽山に登る(西会津町):

« 船を見に行く | トップページ | 山菜採りは楽し »