« 旬を味わう | トップページ | 檀特山に登る »

2018年6月25日 (月)

金剛山(佐渡)に登る

Img_3290(拡大)
6月14日(木) 晴
1年ぶりの金剛山は晴れました。

Img_3464

天気晴朗なれど波高し。今朝の船は結構揺れました。両津湾から
今日登る金剛山が見えました。

Img_3656_r

内海府側の白瀬から入山するのが一般的ですが、今日は和木集
落から石名天然杉公園(標高830m)まで車で上りました。

Img_3658_r

大佐渡の三山といえば金北山、金剛山、檀特山ですが、島の青年
たちが大佐渡の三山を駈けめぐる「三山駈け(みやまがけ)」は
戦前まで行われていたと聞きました。

Img_5654
(写真1)
青年になれば一度はこれをしなければ、一人前になれないとする
風習が強かったのです。

Img_5682
(写真2)写真1、2は山友Y/K氏提供
そんな昔に思いを馳せて金剛山に登りました。金剛山頂には金剛
大権現が祀られています。御堂は落雷や台風に遭ってたびたび焼
失と倒壊を繰り返し、今は一間半四方の鉄筋造になりました。

Img_3291

金剛山という名称はそれほど古いものではなくて、昔は金ヶ岳と
称して頂上に薬師如来を祀り、米山薬師ともいわれた頃もありま
した。

Img_3278

山の形が高く盛られたコンコン(米)のようだから米山、のちに修験
者によって金剛山の名がつけられたという説があります。

Img_3292

この岩の下には蟻の巣があるのかしら。金剛山はヤマ蟻が多く生
息しています。

Img_3298

御堂の扉を開いて賽銭を上げた時に拝したお像は開祖役行者だ
ったでしょうか。修験道では役行者が法起菩薩の化身と伝えられ
ているそうです。

Img_3281

米山薬師がいつしか法起菩薩所在の金剛山に擬せられて、
金剛大権現として法起菩薩が祀られたものでしょうか。

Img_3299

山頂の御堂を管理しているという、麓の白瀬集落の別当薬師堂へ
はまたの機会に訪ねてみたいと思います。

北佐渡紀行 (その1 金剛山)
(おわり)

参考図書 修験道歴史民俗論集3 越後佐渡の山岳修験
       鈴木昭英 著

|

« 旬を味わう | トップページ | 檀特山に登る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

毎年恒例の佐渡島ですね!うちの山の会でも6/9~11にドンデン山・金北山に行ったそうです。静岡でも花の佐渡島(ドンデン山)は有名ですよ!何回行っても良い所ですね!


静岡の岳人さん おはようございます。雪割草の時期は超満員らしいですが、6月の佐渡はほぼ貸切状態で山の良さをじっくり味わえますね。
佐渡はすっかりメジャーになりました。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年6月25日 (月) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/66864526

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛山(佐渡)に登る:

« 旬を味わう | トップページ | 檀特山に登る »