« 雨の夏越の夕祓 | トップページ | 畑干上がる »

2018年7月20日 (金)

田代山の風涼し

Img_3590(拡大)
7月15日(日)晴
二千メートル近い山上の湿原には涼しい風が
吹いていました。

Img_3554

今日は南会津の田代山(1926m)に向かう途中に、道の駅に寄
りました。朝の新潟も暑かったけど、南会津も今日はもっと猛暑の
予報が。

Img_3620

下闇にせんじゅがんぴの花明り
日蔭は幾分ひんやり。センジュガンピが一株残っていました。

Img_3564

緑蔭に神拝草の花ひそと
ジンバイソウ(神拝草)を見つけました。存在感ありました。

Img_3568

小天狗が居さうな夏の山の奥
草藪の下闇にゴゼンタチバナが咲いていました。この山は天狗伝
説の山と案内書にありました。

Img_3600
(クリック拡大)
わたすげの点々点と晩夏光
木道の周りはあちこちにワタスゲが風にゆれていました。

Img_3580

りんだうの青深うして夏の果
草株の間にタテヤマリンドウの小さい花がほつほつ見えました。
期待していた花は盛りを過ぎたようでちょっとがっかりです。

Img_3582

キンコウカの脇のチングルマは花が終って綿毛に変わっていまし
た。異常気象が花の時期も早めてしまったのかしらと、ちょっと心
配になりました。

Img_3593

さざ波の池塘にぽかり夏の雲
湿原の池塘に映る「青い空に白い雲」は夏の定番風景ですよね。

Img_3594

湿原の遥か先に嫋やかな会津駒ヶ岳と中門岳の山脈が見えま
した。

Img_3606

木道を一直線に夏の果

Img_3589

湿原の空にとんぼうあまた殖ゆ
山ははや秋の準備を始めたようでした。群れ飛ぶ蜻蛉のおかげで
蚋に刺されずに済んで大助かりでした。

Img_3614

日光の山に高々雲の峯
男体山の頂上に雲の峯が立ちました。こう暑くては午後に夕立が
来るかもしれません。

Img_3618

風にゆれ蝶にまたゆれ夕菅黄(き)
咲き残ったニッコウキスゲが風に揺れて寂し気でした。

Img_3621

下山のあと酒屋に寄ってワンカップの「尾瀬」をちびりやりながら
バスの人となりました。
(おわり)

|

« 雨の夏越の夕祓 | トップページ | 畑干上がる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「木道を一直線に夏の果」・・・湿原と木道歩き良いですね!湿原の池塘に映る「青い空に白い雲」がまた絵になりますね!もう蜻蛉ですか?これから夏山本番なのに!!

静岡の岳人さん おはようございます。この時期にチングルマの花が終るとは。花は粗方盛りを過ぎてワタスゲだけが目につきました。山上の池塘の景色は癒されますね。アカネトンボは夏の内は涼しい高山で過ごして、秋に大量に平野部へ移動するようです。今年は秋が速いのでしょうか。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年7月20日 (金) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田代山の風涼し:

« 雨の夏越の夕祓 | トップページ | 畑干上がる »