« 角田山清掃登山 | トップページ | 玉ノ木八十八箇所巡り(糸魚川) »

2018年8月24日 (金)

ヒルウォーク時水城山

Img_3868(拡大)
8月19日(日)晴
猛暑がぶり返さないうちにと時水城山(小千谷市)
に出かけました。

Img_3906

南北朝時代、南朝方に属した新田氏側の将・小国氏の要害があ
った所で、戦国時代には上杉謙信の家来・曽根氏の居城となり
謙信に叛いたため薭生(ひう)城主平子氏に攻め落とされたと伝
えられます。

Img_3854

南朝の砦址とや草の花
旧小国町と小千谷市との分水嶺となっている城山は西山遊歩道と
してハイキングコースが整備されています。

Img_3855

登山口の姥清水から1時間のコースは地元の人たちの健康維持
の山になっているようでした。

Img_3859 Img_3860

標高は384mで、三角点なしの山頂へはヒルウォークといってよ
いほどで多くの軽登山者とスライドしました。

Img_3869_2

山頂直下には休憩所があって越後三山(はなこさん…ハ・八海山
、ナ・中ノ岳、コ・越後駒ケ岳)の好展望地になっていました。

Img_3880

三角点のある丸山372.6mへ縦走路コースを辿りました。

Img_3881

途中崩壊地を通過しました。足元が崩れたら下まで一気に滑落し
そうな急傾斜には気を遣いました。今に残る中越地震による崩壊
地をあちこちに見かけました。

Img_3883

風はさらさらと山しみじみと秋
小ピークをいくつも越して刈り払いのある頂に立つと西側が開けて
米山、黒姫山、八石山の刈羽三山がよく見えました。

Img_3887

Img_3888

点364mの分岐から下村へ下るコースを進みました。登山者が少
ないためか藪化したジグザグ道の途中から、今来た細尾根の稜線
を仰ぎ見ました。

Img_3889 Img_3890

おほどかに孕み穂ゆるる大青田
幅広の道はやがて農道となり、棚田には稲穂が揺れていました。

Img_3894

ここからさらに1時間、藪化した熱暑の林道を歩くことに。

Img_3904

先日、新潟日報の朝刊に掲載された「ばばしょの茶屋」の名物と
ころてんを一度賞味したいと、今日遥々出かけて来たのでした。

Img_3908

ひたすらに歩き自祝の心太
名水に晒したところてんはひんやり冷えて、腰があってなかなか食
べ応えがありました。

Img_3836_2

南朝の山城址の岩清水
「飲めば病気が治る」といわれた名水の馬場清水(姥清水)で今
度旨い珈琲を淹れてみたいものです。
(おわり)

|

« 角田山清掃登山 | トップページ | 玉ノ木八十八箇所巡り(糸魚川) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

時水城山良さそうな所ですね、ヒルウォークは丘歩きですね!てっきり蛭のいる所を歩くのではないかと?名物のところてんが大盛りで美味しそうですね!山で飲む名水は冷たくて美味しいです。先日の北ア野口五郎小屋の水は消毒液入りの天水で不味かったです!

静岡の岳人さん おはようございます。低山間地の豪雪地帯なのです。ヒルのことはあまり聞きませんね。雪解け頃の棚田風景は殊にきれいです。米と名水で旨い酒ができるのです。北ア後立の辺りの小屋は水のありがたさが沁みますね。写真ありがとう。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年8月25日 (土) 08時47分

山の水の美味さってどこからくるんですかねえ。例えようのない美味さ!心太も美味そうですね。

kazu1954さん こんにちは。山の清水は美味しいですよね。新潟の豪雪地帯はブナが貯め込んだ軟らかい湧き水だからでしょうか。心太も大盛りで腰があってなかなかの味でした。kazu1954さんも是非どうぞ。(*^^*)

投稿: kazu1954 | 2018年8月28日 (火) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒルウォーク時水城山:

« 角田山清掃登山 | トップページ | 玉ノ木八十八箇所巡り(糸魚川) »