« 八木山に登る | トップページ | 下田白根山に登る »

2018年10月21日 (日)

木の見分け方を教わる

Img_4469(拡大)
10月14日(日)晴
山野に生える樹木の見分け方講習会に出かけ
ました。

Img_4444

今日はその道の達人からいろいろ貴重な話を聞かせてもらいま
した。

Img_4446_2

木の見分けのポイントは葉っぱの付き方を見るのだそうです。

Img_4451

対生で単葉か複葉か、互生で単葉か複葉か。新潟県は互生単葉
が多くて、対生複葉が少ないとか。座学より実際に野外研修をして
みましょうという訳で…。

Img_4466

先生が手にしているのはタラの木です。葉っぱは互生複葉で、小
葉は卵形、葉の縁はギザギザの鋸葉が特徴的とか。

Img_4468

先生(手前)が手にしているのがコナラの葉っぱで、裏が白くて柄
が長いのが特徴的。生徒さん(奥の人)が持っているのはミズナ
ラの葉です。裏が緑で柄が無いのが特徴と教えてもらいました。

Img_4476

落葉して残った痕が猿の顔に見えない?と先生に聞かれたけど
カマキリにしか見えませんでした。

Img_4478

手にしているのは桂の落葉です。鼻に近づけて匂いを嗅いだら
ワタ飴のような、ほのかに甘く、かぐわしい香りでした。

Img_4486
(クリック拡大)
目薬の木がありました。戦国時代の頃、煎じて飲むと眼病によく
効いたと古文書に記されているとか。知識があれば山は生薬の宝
庫なのでしょうね。

Img_4494 Img_4500
(クリック拡大)
手にした赤い実はアズキナシです。噛んでみたら
甘酸っぱい味が
しました。小粒だけど大量に採れたら
ジャムになるかしら。

Img_4481 Img_4482
(クリック拡大)
先生からヒル対策にはディート(ジエチルトルアミド)
原液が有効と教えてもらいました。

Img_4518

今度入山する時は、このスプレー缶を携帯しようと思います。
(おわり)

|

« 八木山に登る | トップページ | 下田白根山に登る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「山野に生える樹木の見分け方講習会」ですか、良い講習会に参加しましたね!確かに木の種類、名前は識別が難しいですね!あまり覚える気が無いせいか、花の名前も直ぐに忘れてしまいますよ!

静岡の岳人さん こんにちは。前日の座学の後の懇親会が愉しみで参加した口ですね。(*^^*)雪が降ればたぶん忘れます。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年10月21日 (日) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/67294715

この記事へのトラックバック一覧です: 木の見分け方を教わる:

« 八木山に登る | トップページ | 下田白根山に登る »