« ボランティアに汗を流す | トップページ | 木の見分け方を教わる »

2018年10月18日 (木)

八木山に登る

Img_4440(拡大)
10月13日(土)晴
名所八木鼻の岩壁が 際立っています。先ず
山頂を目指しました。

Img_4412

大岩壁が圧倒的に迫ります。昔はクライミングの聖地だったよう
ですが、近年ハヤブサの生息地として保護されるに至りました。

Img_4416

今日は新潟県山岳協議会の自然保護研修会に出席するために
午後の受付前に、一と山登ろうという話になりまして。

Img_4417

研修所に近いほど近い八木山(272.2m)に登ることに。山頂
にはベンチがあって絶好の展望台になっています。

Img_4420
(クリック拡大)
先ず視野に入るのが真東に位置する粟ヶ岳(1292.6m)です。
春夏秋冬お世話になる大事な山なのです。

Img_4421

その南寄りに聳える峰が白根山(しろねやま・918.0m)です。
明日研修に登る予定です。

Img_4422
(クリック拡大)
前白根山に至る急カーブがキツそー。
新潟の秘境川内山塊の内懐
深くにあって、いつかは登って
見たかった山だったのです。

Img_4427

手首の辺がむず痒いと思って見たら、グローブにヒルがモソモソ。
グローブをめくってみたら、グローブの上からなのにしっかりとキ
スマークがついていました。

Img_4426

今の時期はまだまだヒルの活動期で、殊にこの地域はヒル対策が
課題だったのですが…。

Img_4415

今回は登山口へ戻らずに北五百川へ下ることに。また、この道が
つるべ落としの急坂で。昨日までの雨で滑るし、木枝につかまっ
て降りたいのに、ヒルが潜んでいるような気がして…。

Img_4433

下りきった所にこの看板がありました。

Photo

歩いた軌跡ー赤い線を辿り、稜線に出て山頂に向かいました。
青い線は北五百川集落へ下った軌跡です。出発して元の地点に
戻るまで丁度1時間かかりました。
(おわり)


|

« ボランティアに汗を流す | トップページ | 木の見分け方を教わる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山岳協議会の自然保護研修会お疲れ様でした、さぞかし勉強になったと思います。八木鼻の岩壁かっこ良いですね、ハヤブサの生息地ですか。この時期にまだヒルがいるんですね!確かにヒル対策が課題ですね!

静岡の岳人さん おはようございます。樹木の見分け方に共通のセオリーがあるのが判って興味が湧きました。八木鼻のハヤブサはまだ見たことないのですが、蛭はいますね。気温20℃から活動するというので、この山域に入山するのは初冬から残雪期なのですが。最近また増えて来たようです。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年10月19日 (金) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582519/67287547

この記事へのトラックバック一覧です: 八木山に登る:

« ボランティアに汗を流す | トップページ | 木の見分け方を教わる »