« 弥彦山清掃登山 | トップページ | 吟行句会に行く »

2018年11月27日 (火)

初冬の里山を歩く

Img_5169(拡大)
11月18日(日)晴
今日は魚沼アルプスの環状縦走(魚沼市)に
出かけました。

Img_5142

スタート地点は宝泉寺標高144mから大力山504m、黒禿の頭
770mで折り返し北進して駒の頭680mから西進してトヤの頭
671m、鳴倉山578m、一本杉を経て終点の響の森公園まで。

Img_5151

大池川を挟んで、通称“魚沼アルプス”の環状縦走は
累積標高1507m、総距離12km、所要時間約8時間の
長丁場になりました。

Img_5155
(クリック拡大)
大力山を過ぎると前方にハ(八海山)・ナ(中ノ岳)・コ(越後駒ケ岳
)さんが見える、よく整備された尾根道を進みました。

Img_5157
(クリック拡大)
天気は上々、これから三等三角点峰を経由して
黒禿の頭はまだまだ先に。

Img_5158

小さなアップダウンを繰り返して徐々に高度を上げていきました。

Img_5164

南側に初冠雪の八海山がせり上がって来ました。

Img_5172

最高地点黒禿の頭には馴染みのK山岳会の人達が先着してい
ました。振り返ると上って来た稜線が眼下にありました。

Img_5176
(クリック拡大)
ここから折り返してブナ林の幅広尾根を150mの
大下り
になりました。下り口の急坂にはロープがつけてあって
降り積もった落葉で滑るので慎重に下りました。

Img_5179

雑木山手に余すほど冬きのこ
途中でクリタケをみつけました。ナメコはまだのようでした。

Img_5188

新しい登山標識がつけてありました。

Img_5191

駒の頭からトヤの頭へは続く新道は、灌木の木株の伐開跡がまだ
新しい感じで、急坂にはロープがつけられていました。
疲労が溜まってきていて、登り返しが長く感じられる所でした。

Img_5194

体力勝負でやっと上がった標高点671m(トヤの頭)です。湯之
谷健保センターから桑原山、涸沢山を経て上がってきた登山道が
合流するので、三方の登山口に至る距離と時間の説明がこまご
まと書かれていました。

Img_5196

鳴倉山へは細尾根の踏跡を拾いながら小ピークを2つ越し
ました。

Img_5199

鞍部に周囲の景色を映す鏡池がありました。

Img_5201

鏡池を過ぎて、鳴倉山の最後の急登はもうよれよれで、つけられ
ロープをごぼうで上りました。

Img_5202
(クリック拡大)
鳴倉山に佇って、振り返ると黒禿の頭からの長~い
山波が望めました。

Img_5214

鳴倉山の山頂にはパラグライダーの離陸台があって上空を飛ぶ
姿が実に優雅にみえました。

Img_5216

新潟の方言で「づくなし」は根性なしとか意気地なしの意味だけど
これって?

Img_5218

見渡せる尾根の末端まではまだまだ遠い道程でした。

Img_5222

つるべ落としの新道を木枝につかまりながら、慎重に下りてきま
した。

Img_5223
(クリック拡大)
遠嶺雪奥魚沼の暮れ早し
日が西に傾く頃、終盤近いピークに立つとスタートの
大力山が真向かい見えました

Photo
(クリック拡大)
GPS軌跡
(沿面距離 12.531km、所要時間7:56、累積標高1507m)

今日は好天に恵まれ、久々のロングコースは思い出に
残る山旅になりました。
(おわり)

|

« 弥彦山清掃登山 | トップページ | 吟行句会に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

累積標高1507m、総距離12km、所要時間約8時間の魚沼アルプスの環状縦走凄いですね!見晴らしも良く、ロングコースの登山道も整備されて綺麗ですね!お疲れ様でした!皆さん「づくなし」では無いです‼ 大したものです!

静岡の岳人さん おはようございます。低山ながらタフなコースでした。雪が来る前の一瞬輝くような黄落の景色が印象的でした。

投稿: 静岡の岳人 | 2018年11月27日 (火) 09時22分

12キロ8時間ですか!!
皆さん凄いですね!!
私も登ってみたいなどと戯言を言うようなコースではないですね。

kazu1954さん こんばんは。大力山はアプローチし易いので、雪中ハイクとか結構賑わっているようです。湯之谷健保センターから桑原山とかもアプローチし易いので、是非トライしてみては。面白いコースです。(*^^*)

投稿: kazu1954 | 2018年12月 1日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初冬の里山を歩く:

« 弥彦山清掃登山 | トップページ | 吟行句会に行く »