« 吟行句会に行く | トップページ | 小春日は納句会 »

2018年12月 6日 (木)

冬妻から天神城址へ

Img_5281(拡大)
11月26日(月)くもり
月曜日の昼時、落葉を踏みながら天神山城址
へ。人気のない山道は静かでした。

Img_5277

死なうかとささやかれしは蛍の夜

女流俳人鈴木真砂女の句碑は読む度に胸がドキドキ
しちゃいます。

Img_5279

二三片真砂女の句碑に冬紅葉

冬妻(ひよつま)の祓川沿いに句碑を訪ねて、誰も居ない山道を
辿りました。
(おわり)

|

« 吟行句会に行く | トップページ | 小春日は納句会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

女流俳人鈴木真砂女の句は私でも多少なりとも知っていますよ!いい句です!冬妻(ひよつま)読めませんね!地名ですか?

静岡の岳人さん おはようございます。“ひよつま”そうですね。ま、普通読めませんよね。どんな意味なのかな?地名らしいですね。(*^^*)


投稿: 静岡の岳人 | 2018年12月 6日 (木) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬妻から天神城址へ:

« 吟行句会に行く | トップページ | 小春日は納句会 »