« 初登りは弥彦山から | トップページ | 雪の里山歩き(古惣座山) »

2019年1月10日 (木)

句会始まる

Img_5451(拡大)
1月5日(土)くもり
殊に好きみづほの歌留多登山の句
今年最初の初句会に恒例の歌留多取りをしました。

Img_5393_2

1月元旦(水・祝)雪
ひと頃の大混雑はなくなりましたが、元朝の参拝は警備員も出る
ほどの賑わいでした。

Img_5396

小吉の精進せよと初みくじ
御神籤を引きました。今年一年の家内安全、安全登山、俳句上達
その他もろもろ盛沢山を神前にお参りしました。

Img_5399

御浄火に背の暖まりゐる妻と
お焚場の縁に立って温まっていると、スルメを焼く香ばしい匂いに
包まれました。

Img_5457

1月6日(日)晴
先づ三師句碑に参じて初詣
素十   (右)   十三夜明日といふ空美しき
虚子   (中央)  早苗取り今我方に笠丸し
みづほ  (左)   学問の静かに雪の降るは好き
素十門の弟子たちは、白山神社の境内の先師の句碑に先ず立ち
寄ってから本殿に向かう習慣がいつの間にか身につきました。

Img_5461

今日は恒例の俳誌雪の初句会の日です。市内のホテルで午後
からの初句会に同人たちがぞくぞくと集りました。

Img_5465

初凪の沖渺茫として青し
全国から50余名が集まりました。老舗ホテルの12階から広々と
冬の日本海が見渡せました。

Img_5469

虚子の句を掛けて春待つホ句の宿
今年5月号を以て、同人誌「雪」が発刊500号の節目を迎えます。
会員は皆老いましたが、更なる健吟を誓い合って息軒昂でした。
(おわり)

|

« 初登りは弥彦山から | トップページ | 雪の里山歩き(古惣座山) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

俳誌雪の初句会に全国から50余名が参加で大盛況凄いですね!俳句も頭を使うからボケ防止には良いですね!「御浄火に背の暖まりゐる妻と」良い句です!
私も初詣で家族の健康と安全登山を祈願しました。

静岡の岳人さん おはようございます。昔は100人くらい2、3日前から宿入りして予備句会をしたそうですが、今は皆老いましたね。吟行して作句した後から忘れていきます。(*^^*)
今年もいろいろ盛沢山祈願しました。

投稿: 静岡の岳人 | 2019年1月11日 (金) 09時48分

みたところ、イタリア軒でしょうか?
全国からお仲間が集うなんて歴史ある会なんでしょうね。
私は、元日の朝、地元の坂井神社(こちらも以前よりずっと立派な構えになりましたよ。駐車場もかなり拡がりました)3日に白山様、6日に弥彦様と連荘でした。この年になると、急に信心深くなるんですかね~。弥彦様の門前の清水屋さんで女房と天婦羅蕎麦(飾らない味です)をいただいて満足でした。

kazu1954さん おはようございます。そうです。毎年イタリア軒で初句会なのですよ。素十先生が新潟にいる時に薫陶を受けた最長老が95歳ですから、相当長いようです。初詣の連荘とは、今年は御利益がありそうですね。(*^^*)女房孝行して門前町の御蕎麦屋さんでとは、素敵です。

投稿: kazu1954 | 2019年1月12日 (土) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 句会始まる:

« 初登りは弥彦山から | トップページ | 雪の里山歩き(古惣座山) »