« 大峯山雪景色(胎内市) | トップページ | 雪割草が咲きました »

2019年2月21日 (木)

角田山春めく

Img_5690 (拡大)
2月18日(月)晴
春浅き沼さざ波の風固し
角田山のはだれ雪も佐潟の岸辺も何となく
春めいてきました。

Img_5691

1月初旬に4000羽近く居た白鳥は徐々に減り、シベリアへ帰り
始めたようです。

Img_5692
(クリック拡大)
帰る日の近し鈴鴨こゑ高し
ピリピリと鳴くコガモも帰り支度を始めているようにみえました。

Img_5693

次に向かったのは角田山の宮前登山口から標高44.8mの
焼山の3等三角点を探したのでしたが、見当たらず。確かこの
辺だったハズとあっちこっちと…。

Photo
(クリック拡大)
毎年恒例となった山の会の『三角点8ヶ所巡り』の下見
に来たのでしたが。
①番目の三角点は登山道から
外れているのと、めったに訪ねる人もいない
ので草に埋れているのが常だったのです。

Img_5694

あったあった”ありました。こんな所に。倒木が折り重なった
その上に枯草が被さって隠していたのでした。

Img_5696

倒木の枝につけた赤布を目印にしたので今度はわかる筈です。

Img_5698

登山道に戻って②番目の三角点に向かいました。登山道は雪解
でドロドロ。泥道 の所々に「もぐら塚」が盛り上がっていました。

Img_5699

ジャニゲ山で遅いランチにしました。耳を澄ますと潮鳴りの音が
聞こえました。じっとしていると寒さが身に入みました。

Img_5702_2

此ノ入峰に近づくと雪が現れました。この辺りは通称『宮ノ平』 と
云われる所ですが、点の記には「此ノ入峰」とありました。「宮」と
は「鳥ノ子神明社」に由来するものなのか、それとも。

Img_5703

宮ノ平」から海に向かって派生する尾根の末端に、「熊野神社」
があることに由来するものか。よくわかりません。

Img_5708

春めくとはいえ、山はまだまだ冬。雪割草はかげもなく、青木の実
が風に揺れているだけでした。
(おわり)

|

« 大峯山雪景色(胎内市) | トップページ | 雪割草が咲きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

三角点八か所巡りの準備ですか。ご苦労様です。確かにここいらの田んぼに群れていた白鳥もめっきり姿が少なくなっています。北帰行の季節ですね。角田はまだ冬が勝っているようですね。

kazu1954さん おはようございます。山の会創立当初のリーダーが始めた企画を何代も継いで伝統を守っているのです。一筆書きに8ヶ所巡ると丁度8時間、結構いい足慣らしになるのです。佐潟の白鳥が去り、鴨が帰ると角田山に雪割草が咲きますね。もう直ぐです。(*^^*)

投稿: kazu1954 | 2019年2月21日 (木) 16時09分

先日新聞に掲載されていましたが、新潟県は渡り鳥の飛来数が日本一だそうですね!でもそろそろお帰りですか!『三角点8ヶ所巡り』面白そうですね!確かに里山の三角点は目立たなくて分かりにくい所があります!もうじき角田山にも春が来ますね!

静岡の岳人さん おはようございます。スノーシュー履いて行く奥山の池にも浮寝鴨がいました。上空から見て良さげな沼に降りるのでしょうか。一筆書きに登ったり下ったり山頂を3往復する感じで8時間の長山行です。8ヶ所巡りが済むと角田山に春が来ます。

投稿: 静岡の岳人 | 2019年2月22日 (金) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角田山春めく:

« 大峯山雪景色(胎内市) | トップページ | 雪割草が咲きました »