« 雪割草咲き揃う | トップページ | 薯を植う »

2019年4月 1日 (月)

角田山三角点8ヶ所巡り

Photo
(クリック拡大)
3月18日(月)晴
今日は角田山に8箇所ある三角点を一筆書きに巡る山行に
出かけました。山の会で20年以上続く恒例登山なのです。

Img_5956

1番目はヤブからスタートしました。
点の記には三角点名「角田」山名「焼山」標高44.8m
等級三等とあります。

Img_5957

今日はすんなり見つけられるかしら。目印は倒木の下
枯草の蔭にありました。

Img_5965

途中、宮前コースの名の由来の鳥ノ子神明社に参拝しました。
その昔戦国時代に織田軍に追われた朝倉氏一党が海路に逃れて
北上し角田浜沖に達しました。

Img_5962

濃霧の朝まだき、陸地に近いどこから聞こえた鶏鳴に導かれて
上陸できたので、そのまま山中に潜み、再興の時を待ちました。

Img_5975

時は移り、安全になった下界に降りた一党は海辺の砂丘地を開墾
して越前浜村を開村して、お家再興を待ったと伝説にある宮だった
のです。

Img_5972

2番目は「宮の平」と呼ばれる此ノ入峰346.8mまで
登ると雪が現れました。

Img_5971

三角点名「角田浜」四等三角点にタッチしました。ここから30m
下った最低鞍部から標高差180mの一気登りが待っていました。

Img_5977

両サイドが切れ落ちた痩せ尾根の急登はゆっくり登って
角田山頂の一画に着きました。

Img_5980

487mの山頂は通過して、3番目の平沢三角点のある片平山
に向かいました。山頂部から標高差250mを激下りして片道40分
長い稜線歩きでした。

Img_5981

3個目の平沢四等三角点にタッチしたら、すぐ折り返して
今来た道を戻りました。山の神コース分岐を過ぎて、今日一の
激上りが待っていました。

Img_5984

「苦しい登りの時には数を数える」という先輩方の訓えのとおり
300段を数え終えた頃、ようやく山頂広場に戻ってきました。

Img_5987

4番目は標高445.3mの角田山系唯一の2等三角点に
やって来ました。向陽観音堂前広場から好展望がまっていました。

Img_5988

頭だけ出して土中に埋まった2等三角点にタッチしたら前半を
終えてランチタイムとなりました。

Img_5993

午後の部は角田山頂三角点にタッチからスタート
しました。

Img_5970

午後は一段と雪解けが進んで登山道はどこもどろどろの泥道
になりました。

Img_5995

西進して桜尾根を分け、さらに進んで灯台尾根を過ぎ浦浜尾根を
右に分けてひたすら下りました。日だまり径は午睡を誘います。
五ヶ浜305.4m三等三角点まで長い稜線歩きが続きました。

Img_5996-2

6個目五ケ浜三角点にタッチしたら、すぐ折り返して灯台尾根
分岐まで登り返しました。灯台尾根に乗ったら間もなくして
小浜尾根に乗り換えました。

Img_6002

小浜尾根は知る人ぞ知る静かな径です。腐葉土がふかふかして
雪解けの泥んこ道からようやく解放されました。

Img_6006

急坂をずんずん下って眼下の瘤峰が見上げる高さにまでせり上が
った頃、7番目の三角点に着きました。この小浜三角点を中継
して、北に魚見山四等三角点と南の多宝山の一等三角点が
一直線上に並びます。

Img_6008

指差す次の先はいよいよ最後の魚見山になりました。
灯台尾根に戻ったら一気に300m下ります。

Img_6027

岩場は約2憶年前海底火山が隆起して出来上がった地形だ
そうです。大鳥越沢の対岸にはカッタン岩が見えて絶景ポイント
なのです。

Img_6031
(俳句)日矢やがて切子光りに春の海
澄んだ日には遠く能登が見えるという春昼の海はきれいでした。

Img_6035

最後8個目の三角点にタッチして今日のミッションは終わり
ました。今日歩いた総距離は15km、所要時間8時間40分
角田山三角点8ヶ所巡りが済めば、今年の山歩きが
いよいよ始まります。
(おわり)

|

« 雪割草咲き揃う | トップページ | 薯を植う »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

角田山三角点8箇所タッチお疲れ様でした!行ったり来たりアップダウンを8時間40分大変でした。天気も良く日本海が綺麗に見えますね!角田山は織田軍に追われた朝倉氏にも関係があるのですね!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年4月 1日 (月) 09時30分

静岡の岳人さん おはようございます。さすがに8時間40分は
きつく感じる歳になりました。誰かリーダー代わってくれ
ないかしら。晴れると飯豊連峰がきれいで海の青さが目に
しみるのですよ。角田浜周辺は能登からの移住の歴史がある
ようですね。越前浜出身者から新潟財界に貢献した人材を大勢
いるようです。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年4月 2日 (火) 06時32分

>シャクナゲ色さん
>
>
>静岡の岳人さん おはようございます。さすがに8時間40分は
>きつく感じる歳になりました。誰かリーダー代わってくれ
>ないかしら。晴れると飯豊連峰がきれいで海の青さが目に
>しみるのですよ。角田浜周辺は能登からの移住の歴史がある
>ようですね。越前浜出身者から新潟財界に貢献した人材が大勢
>いるようです。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年4月 2日 (火) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪割草咲き揃う | トップページ | 薯を植う »