« 山靴を新調する | トップページ | 海馿の峰(とどのみね)に登る »

2019年4月25日 (木)

知行山に登る(外海府・関)

Img_6357m1
(クリック拡大)
4月17日(水)晴
外海府のゼット坂の峠に立つと今日と明日に登る目的の山が見えました。

Img_6351

今朝は新潟港を始発で佐渡へ向かいました。

Img_6352

8時30分に両津港に着くと迎えに来ていた宿の車に分乗して一路
外海府に向かいました。

Img_6354
Img_6355

(俳句)裏佐渡の波穏やかな春岬
名勝大野亀を回り込んで北鵜島の海岸線から北佐渡随一という
ビューポイントから眺めました。

Img_6356

今日は晴れて絶好の登山日よりになりそうです。

Img_6358

知行山(ちぎょうさん)は手前のトンガリ峰で、奥が海馿(とど)の峰
です。知行山は右手(北側)は急峻ですが、左手(南側)は
なだらかな斜面なので南側から取り付きました。

Img_6368

登山道がない山なのですが、道案内を頼んだ宿の主人が予め
ナタメをつけておいてくれました。ヤブが薄いこの時期、
マーキングを拾いながら登りました。

Img_6370

昔、棚田耕作が盛んだった頃の名残の水路道を辿りました。
耕作地が少ない海府地区は山の緩斜面を開墾した棚田が利用
されたのでしたが、老齢化と後継者不足で今ではみな捨て田
となってしまいました。

Img_6374

ヤブが薄いところをねらって、マーキングの赤布を拾いながら登りました。

Img_6376

いよいよトンガリ山の急斜面が始まりました。

Img_6377

時折現れる雪割草の群生に目をやりながら一歩一歩登りました。

Img_6378

山頂に三角点はありません。永禄年間(室町後期)に入植した
草分けの地主が祀ったという祠がありました。

Img_6382

宿の主人が刈り払いに入山した一と月前には、足の置き場に
困るほどの雪割草の絨毯が広がっていたといいます。
そんな頃にまた訪れてみたい山でした。
(おわり)

|

« 山靴を新調する | トップページ | 海馿の峰(とどのみね)に登る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

佐渡島良いですね!知行山,海馿の峰などまだ知らない山がありますね。海の幸がさぞかし美味しかったでしょう!私は伊豆旅行に行き、温泉に入って伊勢海老、アワビステーキ、金目鯛の煮付けなど贅沢三昧でした!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年4月26日 (金) 15時31分

静岡の岳人さん  おはようございます。佐渡は近くて
遠い憧れの島です。未踏の山はワクワクしますね。
静岡の岳人さんは伊豆へ温泉旅行でしたか。入れ歯で
固いものがダメなのでオイラはあわびパスしました。( ;∀;)
宿主が釣り上げた桜鯛と佐渡の地酒を大いに飲みました。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年4月27日 (土) 05時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山靴を新調する | トップページ | 海馿の峰(とどのみね)に登る »