« 知行山に登る(外海府・関) | トップページ | 文弥人形座を訪ねる »

2019年4月27日 (土)

海馿の峰(とどのみね)に登る

Img_6454

4月18日(木)晴
今日は知行山の西隣の、昨日よりちょっときつめの
海馿の峰を目指しました。

Img_6450

海馿の峰の北面は峨々たる絶壁ですが、西側の標高150m
付近までは緩斜面が続きます。関集落と隣の矢柄集落との
境界を流れる沢に沿って入山しました。

Img_6451

小沢に沿って登ると、今は放棄された棚田が続いてました。

Img_6469

(俳句)すとりっぷ一人静の佐渡言葉
知行山の時と同じように、今はもう利用されなくなった
用水路沿いにひっそりと咲くヒトリシズカをみつけました。

Img_6455

水路と別れて、急峻の一本尾根に取り付きました。
宿の主人がつけてくれたナタメと赤布を拾いながらゆっくり
登りました。

Img_6453

途中、行者ニンニクの群生地を通りました。

Img_6457
Img_6459

時折現れるナガハシスミレと雪割草の株に癒されました。

Img_6461

(俳句)風の神祀る祠に木の芽風
急尾根を登って細長い平頂の一端に出ました。北方向へ進むと
祠がありました。知行山と同じように草分けの山の地主が屋敷
神を祀ったものと云います。

Img_6464

国土地理院地図には473.6mの三角点が記載されている
ので、みんなで探してみようということに。
しばらくして「あったぞー!」仲間の一人がヤブの中から
みつけてくれました。

Img_6467

掘り出すと3等三角点の刻字がみえました。全員でタッチ
してから下山しました。

Img_6468

木の間越に大佐渡山脈の残雪の山々が見えました。来月は
あの峰に登れるかも。

Img_6471

闘い済んで一と安堵。振り返ると、一番高い所に海馿の峰
が見えました。トドの峰よ、また来る日まで。

Photo_1
(クリック拡大)
(俳句)千枚田ありしは昔島の春
    裏佐渡の海の青きに春惜しむ
(GPS)軌跡 知行山  歩程 3時間
        海馿の峰 歩程 3時間
2日間とも晴れて思い出に残る山旅が出来ました。
(おわり)

|

« 知行山に登る(外海府・関) | トップページ | 文弥人形座を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

海馿の峰の名前はやはり姿形がトドに似ているからですね!近くに鰐峰もありますね!ナタメと赤布を拾いながらの急登お疲れ様でした!また佐渡島に行きたいですね!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年4月27日 (土) 08時40分

静岡の岳人さん  おはようございます。北佐渡は
他にも、いるか瀬に大野亀、二ツ亀など動物の名
を冠した所があって面白いです。花の時期にジャ
ストフィットするとすごいらしいので、また出か
けたいですね。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年4月28日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知行山に登る(外海府・関) | トップページ | 文弥人形座を訪ねる »