« 資朝忌奉納能を見る | トップページ | じゃがいも収穫 »

2019年7月24日 (水)

今年も夏行

Img_7425

7月7日(日)晴
俳句会の夏行(げぎょう)で国上山の国上寺に吟行に来ました。
国上寺は国上山の中腹にあって、越後国最古の古刹です。良寛
さんが暮らした五合庵は国上寺の塔頭で、国上寺中興の祖万元
和尚が最初の住人でした。

Img_7428

(俳句)義経の持仏を蔵す梅雨の堂
文治3年(1187)吉野から平泉に逃亡の途中で義経一行が
国上寺本堂に一時隠れ住み、寺を去る時に奉納したという
自作の大黒天木像が残されています。

Img_7432

(俳句)こんこんと閼伽井(あかい)に山の清水湧く
本堂前の閼伽の井戸に今年孵化したサンショウウオが泳い
でいました。

Img_7436

昭和9年(1929)に始まった俳誌「まはぎ」以来連綿と続く
句会夏行は今年で90年を数え、全国から句友が集まりました。

Img_7437

(俳句)あきあかね早や山寺に現れし
今年も夏行がすめば新潟に本格的な暑~い夏が来ます。
(おわり)

|

« 資朝忌奉納能を見る | トップページ | じゃがいも収穫 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山行に吟行にと大忙しですね、お疲れ様でした!国上寺は由緒あるお寺さんですね。「義経の持仏を蔵す梅雨の堂」良いですね!お世辞抜きで俳句が上達しましたね!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年7月24日 (水) 18時09分

静岡の岳人さん おはようございます。俳句は神社仏閣を句材に
すると作り易いのですよ。だからいつもそればかりで。(^^)
お褒め頂き恐縮です。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年7月25日 (木) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 資朝忌奉納能を見る | トップページ | じゃがいも収穫 »