« 畑の雑草にノックダウン | トップページ | 秋の気配 »

2019年8月25日 (日)

キツネノカミソリ満開

Img_7622

8月17日(土)雨のち晴
角田山のキツネノカミソリが咲き出しました。例年盆過ぎの
頃大群落が出現するのです。その花を見ようと大勢の登山者
で賑わうのですが。

Img_7619-2

「人集る所ゴミあり。」で、この時期に合わせて山の会では
清掃登山を続けているのです。今日はゴミ拾い支度で出かけ
てきたのでした。

Img_7623

(俳句)一山を赤く染めたるきつね花
角田山の海側から入る浦浜口から、寺沢を挟んで右岸左岸の
両のり面は一斉に咲き出したキツネノカミソリの大群落で真
っ赤に染まるのでした。

Img_7635

キツネノカミソリの「かみそり」は幅広の葉っぱが剃刀に
似ていることを喩たものだそうです。葉がない状態で花が
咲くので「狐に化かされた」ようだとする説とか。

Img_7628

江戸時代、冷害の大飢饉のときには救荒植物として鱗茎の
澱粉を水に晒して毒を抜いて食料にしたといいます。有毒
植物なのです。

Img_7630

(俳句)裏山の暗きに妖し狐花
花言葉は「妖艶」。確かに暗い林中に咲く一団の花から
そんな雰囲気が感じられました。

Img_7637-2

(俳句)風おちて鬱蒼の山蝉しぐれ
夏の沢筋は風が通らず、熱せられた空気が澱んで正に温室状態
なのでした。不快指数バッチリで尾根の急登を稼ぐと、頭から
バケツの水を浴びたようになりました。

Img_7633

人には不快でも、温室状態に生息する花たちには好環境なので
しょう。どの花も今が盛りと咲き競っているようでした。

Img_7628

よく見れば、幼い蕾が愛らしいのです。つぎつぎ咲き急ぐ
準備に余念がないようにも見えるのでした。

Img_7636

今年は暑すぎて、入山する登山者も少ないようでゴミは
ほとんど見かけませんでした。角田山の四季折々に出現
する、このかけがえのない花たちを、ずっと後世に残し
て行きたいと思う一日となりました。
(おわり)

|

« 畑の雑草にノックダウン | トップページ | 秋の気配 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

キツネノカミソリは曼珠沙華の花のようですね!今どきの角田山はさぞかし暑いでしょうね!私は9月上旬に槍ヶ岳に行きます。

投稿: 静岡の岳人 | 2019年8月26日 (月) 08時45分

静岡の岳人さん こんにちは。キツネノカミソリはヒガンバナ科で
曼殊沙華と同じ仲間なのです。この時期の角田山でことに沢筋は
風が通らないと温室状態で不快この上もありませんね。八朔の
播隆祭ですかぁ。もう涼しさを通り越して寒いくらいでしょうね。
秋の槍ヶ岳を楽しんできてください。(^^)/

投稿: シャクナゲ色 | 2019年8月27日 (火) 14時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畑の雑草にノックダウン | トップページ | 秋の気配 »