« 乾徳山に登る | トップページ | 新保岳に登る »

2019年9月27日 (金)

3度目の吟行

Img_7928

9月17日(火)晴
秋晴れの今日は3度目の吟行に白山神社を訪ねました。

Img_7951

素十門の孫弟子たちは決まって、公園奥にある「師弟句碑」
とか「三師句碑」とか呼ばれている句碑の前に集まっては
句碑を拝んでいきます。

Img_7950

真ん中に高浜虚子の句、左右に高野素十と中田瑞穂師の句
が並びます。虚子の来県と「真萩」「越後ホトトギス」が
盛んだった頃の記念碑だったのです。

Img_7931

拝殿の地下道を潜って出た所に新潟の幕末に活躍した郷土の
文人の顕彰碑が祀られていました。

Img_7933

(俳句)蟹好きの画伯の碑文秋の風
本間翠峰は弥彦村の出身の画家で好物の蟹に当って亡く
なったので「蟹翠峰」と呼ばれたと書いてありました。

Img_7937

(俳句)松陰を偲びし絶句身にぞ入む
中川立庵(りょうあん)は代々漢方医として有名でしたが
幕末志士の援助者でもありました。吉田松陰が新潟に来て
逗留した時を偲んで作ったという五言絶句の碑でした。

Img_7952

(俳句)蓮池の風爽やかに祝はるる
今日は96歳の主宰の誕生祝と句友の俳誌「雪」の巻頭祝
を兼ねて吟行句会をしました。

Img_7957

(俳句)さわやかにハモニカをもて祝はるる
句友の一人にハモニカの先生がいるので伴奏付きでバース
ディケーキのそうそくの火を吹き消して祝いました。

Img_7962

(俳句)長寿祝ぎ巻頭を祝ぐ茸飯
松茸の土瓶蒸し付のきのこ膳は美味でした。

Img_7946_20190927102601

(俳句)素十の忌近しと憶ふ秋の宮
猛暑の日も過ぎ朝晩はめっきり涼しくなって秋の深まりを
感じます。10月はもうすぐ、10月に入れば素十門の一年
の鍛錬のほどが試される素十忌記念句会が待っています。
(おわり)

|

« 乾徳山に登る | トップページ | 新保岳に登る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

吟行頑張っていますね!句に進歩の跡が見受けられますよ!私は28日~30日尾瀬 燧ケ岳~至仏山に行きました。草紅葉、紅葉には少し早かったようです。今回の山行で300名山の田中陽希と山岳ライターで山のテレビ番組に出ている小林千穂さんに会いましたよ!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年10月 1日 (火) 08時56分

静岡の岳人さんおはようございます。尾瀬山行お疲れ様で
した。燧ケ岳に至仏山2座登頂とは頑張りましたね。田中
陽希さんと美人山岳ライターに会えたなんてラッキーでし
たね。放映時に写ってるかも。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2019年10月 1日 (火) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乾徳山に登る | トップページ | 新保岳に登る »