« キツネノカミソリ満開 | トップページ | 大根蒔く »

2019年9月 1日 (日)

秋の気配

Img_7710

8月26日(月)晴
今日の海は投げ釣をする人の景色も何処となく秋の気配が
感じられました。

Img_7646

(俳句)角田から弥彦へ峠葛の花

Img_7648

盆過ぎの猛暑の中を朦朧とした意識の中で見たキツネノカミソリ
をちょっとは涼しくなった今日あらためて眺めてみたいと出かけ
て来たのでした。

Img_7650

狐の剃刀はまだまだ元気に咲いていました。

Img_7654

人には不快な暑さも花たちには快適な環境かもしれません。
今年の暑さが常態化すれば角田山の生態系も変わってしまう
やもしれません。

Img_7704

暑さに負けず暑い時にも花たちといつも元気に向き合える
ように体力をつけようと、今度週一で角田山に通うことに。
今日はその一日目。

Img_7656

ボタンヅルの花が盛りでした。センニンソウに似ているけれど
三出複葉で葉っぱの先がギザギザの鋸葉とくればこれはやっぱ
ボタンヅルかな。

Img_7670

「やぁ。これはこれはご精が出ますね。」
急坂を登ってふと顔をあげたら御大とバッタリ。
一服つけました。

Img_7672

御大は角田山の守り人なのです。
「今年でかれこれ18年さ」と。
角田山がメジャーの山になるずっと以前の、自然豊かだった
頃を今復元するために日夜奮闘されているのでした。

Img_7674

盆暮正月を除けば晴れれば、ほぼ毎日角田山の道張りに
精出してくれているのでした。氏の背を見ながら小生も
山との接し方を教わった気がしています。

Img_7675

これからもずーっと角田山のことお願いしますね。

Img_7686

(俳句)秋めきしものに落ち栗落ち胡桃

Img_7694

今日は山頂で山の会の仲間に大勢遭いました。

Img_7711

(俳句)子鷗の汀に群るる秋の浜
幼羽の幼鳥が集まって親鳥から餌の獲り方でも教わっている
所だったでしょうか。

Img_7713

(俳句)秋潮の沖渺茫と佐渡淡し
秋の日本海は何とはなしに寂しく感じられました。

Img_7714

ワラの龍出現。上堰潟公園に寄りました。

Img_7718

藁で作ったモニュメントができていました。これはアンコウ。

Img_7725

わらアート祭がすめば角田山に秋が訪れます。
(おわり)

|

« キツネノカミソリ満開 | トップページ | 大根蒔く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

毎週 角田山登山 良いですね!いろんなルートからぜひ続けてください!御大のように角田山の守り人になったら最高ですよ!写真からでも秋の日本海の何とはなしに寂しい感じが分かりますよ!絵になります!!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年9月 2日 (月) 09時00分

静岡の岳人さん おはようございます。角田山は分家から30分
と近いので、今度山トレーニングしようと思いまして。(^^)海側
、田んぼ側。公式、非公式といろんなルートがあって楽しいです。
ホント御大のボランティアには頭が下がりますね。盛夏が過ぎて
、ちょっと寂しい初秋の海はすてきです。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年9月 3日 (火) 05時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キツネノカミソリ満開 | トップページ | 大根蒔く »