« 春日山城跡に登る | トップページ | 赤面山に登る »

2019年10月 4日 (金)

角田山九月尽

Img_7975_20191003060401

9月30日(月)晴
9月末のくぎりなので角田山を訪ねました。歩き始めた頃
一と仕事終えて下山してきた御大とスライドしました。
御大のステキな笑顔にはいつも励まされるのでした。

Img_8144

先週来た時は一面を覆っていたキツネノカミソリは姿を
消して、今はツリフネソウに代わられていました。

Img_8157

隣りにはキツリフネ(黄釣舟)も咲いていました。釣舟草
はかわいい花なので好きです。

Img_8155

ツリフネソウの花が尽きるあたりに曼殊沙華が盛りでした。

Img_8159

不気味なマムシグサの実が赤くなり始めました。

Img_8182

サラシナショウマも咲き出しました。

Img_8184

海がみえる高台で一服つけました。

Img_8172

急尾根の石を平らに起こして、階段状にした登山道は
おかげで歩きやすくなっていました。御大の頑張り
にはいつも頭が下がります。

Img_8185

(俳句)海境(うなさか)の紫紺乗せたる鳥頭(うづ)の花
トリカブトの花が咲き出しました。いよいよ秋の深まりを
感じます。

Img_8010_20191003063801

これは先週の写真です。オオワライタケは存在感ありました。

Img_8181

今日は、オオワライタケは姿を消して同じ切株にマスタケ
が発生していました。キノコの世界も生存競争が激しい
ようです。

Img_8190

(俳句)老夫婦くるみ拾ふも九月尽
登る途中にみつけておいた落胡桃を拾いながら下山して
いたら、下から登ってきた老夫婦とバッタリ。
「老夫婦にはこれが唯一の楽しみでね。」
って言われたら、「よろしかったら、これも」ってみんな
上げてしまいました。

Img_8195

(俳句)広々と切子光りの沼の秋
初鴨が飛来してくる頃かと、佐潟に寄りましたが。

Img_8196

シロサギと、残り鴨の水尾しか見えませんでした。でも
渡り鴨と白鳥が姿を見せる日も、もうすぐです。
(おわり)

|

« 春日山城跡に登る | トップページ | 赤面山に登る »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当に角田山は年間を通じていろんな花の宝庫ですね!「老夫婦くるみ拾ふも九月尽」良い句です!老夫婦に胡桃を上げるとは親切な事を行いましたね、その親切がまた自分の所に帰って来ますよ!もうじき渡り鳥の季節ですか!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年10月 4日 (金) 09時08分

静岡の岳人さん おはようございます。角田山は四季それぞれに
途切れることなく花が咲きますね。古老の話では昔コノイリ沢
は開墾畑や棚田があったそうです。今はヤブですが、大風の後
は決まって胡桃の実が降るので、胡桃拾いの人たちが入山する
のですね。それが終わる頃渡り鳥の季節がまた来ます。今年の
雪はどんなでしょうか。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年10月 5日 (土) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春日山城跡に登る | トップページ | 赤面山に登る »