« 角田山九月尽 | トップページ | 佐渡に能を見に行く »

2019年10月10日 (木)

赤面山に登る

Img_8236

10月6日(日)曇のち一時雨
紅葉が始まった赤面山1701m(あかづらやま・福島県西郷村)
に登りました。

Img_8217

旧白河高原スキー場のレストハウス前の広場に駐車しました。
窓ガラスが無残に割られた姿が痛々しく見えました。

Img_8219

赤面山は那須連峰の朝日岳の北から東に派生する支脈上に
聳える山です。当初は西郷村側から鏡ヶ沼経由で三本槍岳
に登るはずでしたが、大峠林道が工事のため通行止になっ
てしまったので急遽、隣りの赤面山に変更になったのでした。

Img_8220

閉鎖されたスキー場の広いバーンは草茫々で、雨水に削られて
むき出しの岩がゴロゴロして歩きにくいのでした。

Img_8221

第2リフトの終点まで登ると標高は1300mを超えました。
振り返ると東側の阿武隈高地方面の眺望が開けました。

Img_8231

傾斜が緩むと笹原の踏み跡を辿って、尾根沿いの登山道に
乗りました。樹林帯は気持ちの良いぶな林を登って間もなく
那須甲子自然の家への分岐に出ました。

Img_8242

樹相がブナからダケカンバに変わって森林限界が近づくと
笹原の登りになりました。

Img_8246

登山道は深く洗掘りされて、くねくね曲がる樋状の道を
たどり高度を上げて行きました。

Img_8243

山頂が迫ったあたりでホントは左手に茶臼岳と朝日岳が
見える筈ですが、今日はガスって何も見えず、昃ると
どんより暗くなってきました。

Img_8249

山頂はガレ場となって、飛ばされそうなほど強風が吹いて
寒さを感じました。

Img_8256

赤茶けてガレた山容が赤面山の謂れでしょうか。先ずは
三等三角点にタッチしました。

Img_8252

晴れていれば360度のパノラマが待っていた筈なのに今日
は何も見えず、強風で寒いので記念写真に納まったら
そそくさと風避けのポイントを探しました。

Img_8259

岩の陰に風避してランチし始めた途端に、雨がまじり始め
ました。弱り目に祟り目とはこのこと。早々に撤収して
下山したのでした。

Img_8254_20191009195701
(クリック拡大します)
見えますか。薄い虹がかかりました。

Img_8248

カエデの紅葉が鮮やかでした。

Img_8261
(クリック拡大)
(俳句)みちのくの阿武隈高地鮭おろし
下ってきたら雨が晴れて、谷向こうの山々の眺望が開けました。
越境の福島の山は風雨の洗礼を受けましたが、それもまた良し。
今日は思い出に残るいい山旅が出来ました。
(おわり)

|

« 角田山九月尽 | トップページ | 佐渡に能を見に行く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カエデの紅葉が綺麗です!那須三本槍岳が林道工事とは残念でした。赤面山登った事が無いですね!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年10月10日 (木) 17時15分

静岡の岳人さん おはようございます。会津下郷町側からの三本槍
岳はタフで静かないいコースなのですよ。赤面山は那須連峰の展
望台ですが、当日は霧の山でした。でも紅葉のし始めで、静かな
いい山行でした。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年10月11日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 角田山九月尽 | トップページ | 佐渡に能を見に行く »