« 紅葉の弥彦山清掃登山 | トップページ | 12月は「納」の月 »

2019年11月29日 (金)

魚沼アルプス縦走

Img_8872

11月23日(土)快晴
地元で「魚沼アルプス」と呼ばれている山塊のうち、桑原山
から鳴倉山まで歩きました。

Img_8814

湯の谷健保センターの裏から桑原山の鳥目当登山口へ向かい
ました。桑原山には以前から遊歩道がありましたが、2015
年12月に桑原山の先からトヤの頭を経て鳴倉山まで新道が
開削されました。

Img_8845

桑原山遊歩道も杉林の急坂に階段が整備されました。ひと登り
して「山の神様」の標柱まで出ると、周囲の山々が競り上がって
きて展望が開けました。足場の悪い崩壊地はロープの助けを借
りて一気に高度を上げると桑原山に着きました。山頂は台地状
の広場で360度の展望台の休み場でした。

Img_8851

桑原山(558m)はトヤの頭(標高点671m)から涸沢山
(619.3m4等三角点)を経て北東に派生する支尾根末端の
ピークです。今日は桑原山から南西へトヤの頭をめざしました。

Img_8856

新道は灌木の切跡が目立ちました。

Img_8860

それに、豪雪で削られて細尾根の急登や急下降、岩稜帯の
段差を丸太の梯子を下る所もあってなかなかスリリングな
道でした。

Img_8855

涸沢山の北斜面に広がるブナ林はみな落葉して裸木になって
いました。ふかふかの落葉をサクサク踏んで上り下りする
ので快適な稜線歩きとなりました。

Img_8850

左手には越後駒ケ岳のピラミッドが終始目を楽しませて
くれました。

Img_8867_20191130193001

前方に双耳峰のトヤの頭が見えて来ました。トヤの頭から南へ
駒の頭(680m)、黒禿の頭(770m)を経て大力山や城山へ
連なる馬蹄形山塊にも新道が開削されて環状縦走ができるよう
になりました。

Img_8875

3コースの登山道が交差する峰に新しい道標がありました。
双耳峰のトヤの頭の山頂はここより北の鳴倉山側へもう
ひと歩きでした。

Img_8877

今日の終点の鳴倉山(578.6m3等三角点)へは尾根通し
に小ピークをいくつも越えて下って行きました。

Img_8881

長い坂を下って鳴倉山直下の「鏡池」に着きました。初冬の
青い空が水面に映って実にきれいでした。

Img_8885

クリタケ発見。今日はじめて見つけた茸です。ナメコは
これからでしょうか。

Img_8889

今日の鳴倉山はポカポカ陽気になりました。越後三山
(は・な・こ)を見ながらランチタイムになりました。

Img_8843

オイラは北側を向いて毛猛連山を見ながら日向ぼっこ
をしました。

Img_8894

上空を見上げるとパラグライダーがいくつもいくつも
らせんを描いて舞い上がっていきました。

Img_8895

そう、この近くに鳴倉山の絶好のパラグライダーの発進基地が
ありました。

2
(クリック拡大)
GPS軌跡 総距離6.2㎞ 総時間6:00
(赤い線は昨年10月の馬蹄形縦走の軌跡。青い線が今回です)

Img_8907

下りは良く踏まれている明神コースを進みました。

Img_8910

「(クマに)遇わんかったかね」「おかげさまで」
下山してきたら畑仕事のおばちゃんに声かけられました。
「(クマが柿食いに)今朝も来ていたよ。毎日通ってるんだ」
見ると村はずれにまだ、鈴生りに実をつけた柿の木が並んで
いました。
思わず一句
(俳句)柿食ひに熊の下り来る村小春
今日は今の時期にはめずらしいくらいピーカン晴れの好日に
なりました。こんないい日はもう今年はないかもしれません。
思い出に残るいい山行になりました。
(おわり)


























 

|

« 紅葉の弥彦山清掃登山 | トップページ | 12月は「納」の月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

越後駒ケ岳、越後三山、毛猛連山が雪を被って素晴らしいですね!「魚沼アルプス」ですか、静岡でも里山の山塊を「〇〇アルプス」と呼んでいますね、有名なのは沼津アルプス、他に焼津アルプス、藤枝アルプス、丸子アルプスなど何でもアルプスですよね!

投稿: 静岡の岳人 | 2019年12月 1日 (日) 10時09分

静岡の岳人さん おはようございます。低山も雪を被ると俄然
堂々として威厳を感じます。沼津アルプスに焼津アルプスとは
面白そうですね。これから雪が積もるとワカン履いて低山歩き
の季節になります。この冬はどれくらい積るかしら。

投稿: シャクナゲ色 | 2019年12月 2日 (月) 08時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の弥彦山清掃登山 | トップページ | 12月は「納」の月 »