« 雪割草が咲きました | トップページ | 春来たる »

2020年2月24日 (月)

雪山に登る(コマタ)

Img_9416

2月20日(木)雨のちくもり
剣竜峡のある荒川川の源頭部の最高地点コマタから金鉢山
(折居山)を目ざしたのですが。

Img_9385

出だしは雨でした。回復見込との天気予報を信じて出発し
ました。国土地理院地図に「山神社」の記載のある岩尾根に
取付くと直ぐに、汗ばむ程にぐんぐん高度を稼ぎました。

Img_9415

スズメノ口の休場を過ぎ、点453mの積雪は30cm。小雪で
ヤブの急登も、今年初めての雪山は爽快でした。

Img_9417

530m焼山のピークに立つと、コマタから金鉢山の眺めが
広がりました、が一瞬に雪雲に隠れてしまいました。焼山
から一旦下り、尾根は東に大きくカーブしていきました。

Img_9419

548mの小ピークに出ると、左手に封鎖中のロープの間口の
入口がありました。ここが「カツラノマ」への下山路分岐地点
即ち「コ股」の「コマタ」じゃないかと。「コマタ」の意味す
る処が解ったような。

Img_9420

尾根から沢床に下りて滝の落ち口に出ました。「堀切水場」
の標識板がありました。南から落ちる沢水を農業用水に利用
するために北側の沢へ誘導する堀切場でした。

Img_9421

アルミ梯子を上って尾根に戻りました。痩尾根の急登をあと
70m頑張ればコマタ山頂の筈です。

Img_9428

コマタ頂上に着きました。以前標高は630mでしたが、東京
スカイツリーが出来るといつしか634mに変わっていました。

Img_9423

金鉢山に向かいました。急登の670m峰を越えて稜線に立つと
雪量はぐっと増えほぼ1m。いよいよワカンの出番かと思った
矢先、「タイムアップ」とリーダー氏の指示が出ました。

Img_9426

以前、山友モモさんと金鉢山を途中敗退していたので、今日
こそはと、ちょっと期待もしてきたのですが、またまたお預
けとなりました。山稼ぎのあとのコーヒーブレイクは格別で
した。

Img_9430

午後はコマタ直下の急坂を慎重に下りました。正面の飯豊連峰
は厚い雲の中でした。これからコース一の難所ハリ沢源頭へ向
かいました。

Img_9432

崩壊地の沢の源頭部は吹溜まりのナイフリッジを、慎重に通過
しました。「赤信号みんなで渡れば怖くない」ってか。

Img_9434

小ピークをいくつも越して「穴マクリ」展望台に出ました。
アナマクリとは面白い名前です。昔、赤谷集落にマタギ文化
が健在であった頃の、熊打ちに関係した山言葉でしょうか。

Img_9440

この後小ピークをいくつも乗越して花ノ木平の舗装林道に下山
しました。

Photo_20200224113001
(クリック拡大)
GPS軌跡 歩程時間6時間。赤線は実際の軌跡。途中電池切
れで軌跡が途絶えたので緑線の部分は手書きしました。
例年は深雪で入山はかなわないのですが、怪我の功名というか、
小雪のおかげで周回ができた貴重な一日となりました。
(おわり)

|

« 雪割草が咲きました | トップページ | 春来たる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

久々の雪山ですね!小ピークをいくつも超えて、小雪のおかげで周回ができ、6時間の歩行お疲れ様でした!

投稿: 静岡の岳人 | 2020年2月25日 (火) 08時41分

静岡の岳人さん おはようございます。小雪のおかげで普段は
行けぬ豪雪の山域に踏み込めたのはラッキーでした。金鉢山到
達の課題がまた残りましたが。

投稿: シャクナゲ色 | 2020年2月26日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪割草が咲きました | トップページ | 春来たる »