« 小浜尾根を登る | トップページ | 滝を見に行く(宝川渓谷) »

2020年3月28日 (土)

南沢の小滝たち

Img_0110

3月26日(木)晴
剣ヶ峰のカタクリを見ようと南沢から小滝コースを辿りました。
これがカブラ滝でしょうか。それぞれにマニアの名前がある
ようです。

Img_0051

一つ目の堰堤を右側から越えて沢床に下りると、対岸に渡り
2つ目の堰堤を左から越して南沢に入渓しました。早くも
最初の小滝が現れました。

Img_0057  
(俳句)搦め手の径に小さき春の滝
赤黒い岩床のナメ滝が次々と現れました。

Img_0058

清冽な水流を透かして岩床がきれいです。

Img_0063

(俳句)ひとすぢの春の小滝のゆるやかに

Img_0064

滝つぼを具えた堂々の滝でした。

Img_0070

(俳句)おほらかに小滝を抱き山笑ふ
2段の滝は張り出した木枝につかまって左から越しました。

Img_0068

踏み跡ばかりを追っていたら、3つ目の堰堤に遮られて
しまいました。如何やって捲いたらと、考えてあぐねて
「分からん時は元に戻って」と、思って戻ったら赤布の
マーカーがしっかりついていましたっけ。

Img_0074

(俳句)三月の小滝二の滝三の滝
これが箱滝かしら。核心部の滝はこれで終わりです。

Img_0083

二股に出て右岸沿に支流を詰めると国上山と剣ヶ峰の中間の
鞍部に出ました。

Img_0084
(クリック拡大)
(俳句)初蝶を見しは花かたくりの山
今春初めてギフチョウを見ました。

Img_0087
(クリック拡大)
(俳句)風にゆれ花かたくりの蝶にゆれ

Img_0090
(クリック拡大)
(俳句)遠嶺雪おだやかな日の風光る
尾根の高台に登ると遠く海境(うなさか)の沖に残雪の
妙高連山が見えました。

Img_0094

かたくりの絨毯に覆われた山頂に憩う人たちがいました。
さてはと、近づくと山の会の仲間たちでした。

Img_0088
(クリック拡大)
腰を下ろしてコーヒーブレイクにしました。落ち着くとやけに
頭部が涼しいと思ったら、帽子を落として来たのでした。
先週新調したばかりの帽子だったのに。

Img_0104

沢を詰めて縦走路に出る時に踏み跡を外してヤブ漕ぎを強い
られたその時に、ヤブに持っていかれたと気づいて、帽子探し
にまた沢を下るはめに。

Img_0105

ありました。執念でみつけました。

Img_0113

今日は剣ヶ峰のかたくりと、南沢の小滝を往復で堪能し
新調の帽子も回収できて、めでたしめでたしの一日に
なりました。
(おわり)

|

« 小浜尾根を登る | トップページ | 滝を見に行く(宝川渓谷) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

カタクリが綺麗です! 小滝巡りもまた良いですね!普通帽子を落としたらその時直ぐに気が付くでしょう!歩き疲れてぼーっとしていましたか?

投稿: 静岡の岳人 | 2020年3月30日 (月) 09時08分

静岡の岳人さん おはようございます。南沢の小滝群はいいで
すね。滝の周りにショウジョウバカマやすみれ、カタクリが
群生していい絵になるのですよ。越後のヤブは手強いのです。
下をくぐったり跨いだり。身を屈めて涸沢を横断した時の所に
ありました。一日に2度滝を楽しみました。!(^^)!

投稿: シャクナゲ色 | 2020年3月31日 (火) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小浜尾根を登る | トップページ | 滝を見に行く(宝川渓谷) »