« くくたちの春 | トップページ | 天狗の谷の水芭蕉 »

2020年4月20日 (月)

角田山に前方後円墳

Img_0223-2

4月7日(火)晴
新潟の地元新聞の1面に掲載されました。写真の山に心当
たりがあったので、これは早速確かめようと思い立って
出かけてみました。

Img_0342

記事の「海上から見てランドマークの山の標高100m地点ー」
とは。ランドマークの山といえばピラミッドの城山でしょうか。
その尾根の張り出し部の標高100m付近は確か小広い台地状
だったと。

Img_0254

埋蔵文化調査団が測量に入山していると地元で聞きつけたので
ワクワクしながら後を追ったのでした。

Img_0258

荒れ気味の山の斜面の踏み跡を辿っていくと、スライドした
登山者が「今、先生たちが測量に来てるよ」って教えてくれ
ました。

Img_0265

記事には規模は50メートル程とありました。隣町の竹野町の
菖蒲塚古墳は53mだったから略同規模。造成は4世紀の古墳
時代前半期より早い時期とありました。

Img_0266

昔は海岸線が奥地にまで入り込んでいたらしいから、標高
100m地点に高地性の集落があったものでしょうか。

Img_0267

「この辺が棺室部分ー」と調査員の方が説明してくれました。

Img_0269

ヤマト王権の古墳文化が能登半島の珠洲市辺りから海路を北上
して伝播されたとしたら、上陸地の海岸から一番近い角田山の
前方後円墳が、もっとも早い時期の古墳遺跡ということなるの
でしょうか。

Photo_20200420152101
(クリック拡大)
三国志の「魏志倭人伝」の世界が角田山に現出するとは夢
にも思いませんでした。
(おわり)

|

« くくたちの春 | トップページ | 天狗の谷の水芭蕉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

角田山の前方後円墳ですか、興味深いですね!これから発掘調査が行われるのですかね?発掘調査と言えば駿府城公園では天守閣跡を発掘しています。徳川以前の豊臣時代の天守台の石積、黄金色の屋根瓦片が発掘されました。現在も発掘調査中ですよ!

投稿: 静岡の岳人 | 2020年4月21日 (火) 09時03分

静岡の岳人さん おはようございます。発掘まで進むようなら
また見に行きたいです。駿府城公園で発掘ですか。興味あり
ます。中村氏の頃ですかね。今、歴史ブームで古文書とか、
新事実が出てきて、楽しみです。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2020年4月21日 (火) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くくたちの春 | トップページ | 天狗の谷の水芭蕉 »