« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月21日 (日)

スカシユリが見頃に

Img_1261
(クリック拡大)
6月15日(月)くもり
花守人さんが話していた田中澄江著の新花の百名山(新花百)
の71番に角田山のスカシユリのことが載っています。その
記事に…

Img_1255

その日の案内役は「越後の山旅」の著者藤島玄氏。頂上で名物
の笹団子を食べるのを楽しみに五ヶ峠から登り、三望平経由で
左に佐渡を見ながら芝生の山頂に立ったとありました。

Img_1264

花守人氏の話では海から三望平まで尾根一つに途切れること
なく咲き続くスカシユリの見事さに圧倒されて新花百の記事
が生まれたんだよねって。

Img_1266
(クリック拡大)
記憶は定かでないのですが、私が中学生の頃仲間と登った
角田山は今よりも花がいっぱいあったような気がします。

Img_1278
Img_1270
(クリック拡大)
キリンソウも満開になりました。

Img_1275
(クリック拡大)
花は実に。可憐なアマドコロの花が終わったと思ったら、後に
まん丸の実がついていました。秋には青く冬には黒く熟して
いくのでしょう。

Img_1309
(クリック拡大)
ナワシロイチゴの花が終わりかけていました。7月半ば、真赤
な甘い実が熟したら又訪ねてみようと思います。

Img_1316
Img_1335
(クリック拡大)
隣りの小浜に回ってみました。雷岩はいつ見ても迫力あります。
(上)魚見山の岩場にもスカシユリがほつほつ咲いていました。

Img_1320
Img_1318
(クリック拡大)
コオロギとバッタを見つけました。コロナ禍に苛まれている
うちに角田山の自然は確実に秋に向かって進んでいるようで
した。夏至を過ぎれば秋はもうすぐです。
(おわり)

| | コメント (2)

2020年6月20日 (土)

スカシユリを探しに

Img_1132
(クリック拡大)
6月6日(土)晴
灯台尾根にスカシユリをさがしに出かけました。

Img_1134

朝刊に佐渡の藻浦崎のイワユリが見頃を迎えたとありました。
角田山から見える佐渡とは植生が似ているのかなって思い
ます。昨年の今頃は佐渡の山にいたのに、今年はコロナで
叶いませんでした。

Img_1142

咲き始めた岩百合はまだつぼみが目立ちました。

Img_1145

バッタリと今日も花守人さんに出会いました。木製のシャフト
のピッケルとは懐かしい。昔学生の頃バイトして貯めたお金
で買った札幌門田のピッケルの話をしたら、同じ思いがあった
ようで氏と盛り上がり、ついつい長話になりました。

Img_1146

ところでと、「角田山で岩百合が見られる穴場は?」って氏に
聞いてみたら「小浜の岩場に行けば咲いてるよ。」って。

Img_1175
(クリック拡大)
小浜に回ったら岩百合はまだ見えませんでしたが、岩場を覆う
草のグリーンベルトが壮大な風景になっていたのに胸打たれた
のでした。

Img_1176
(クリック拡大)
覆いかぶさるような谷の真ん中にキャンプ椅子を持ち出して
いる人がいました。


Img_1179
(クリック拡大)
谷の真ん中にいると草原をわたる風が心地よかったのです。
角田山にこんな別天地があったなんて。何か得した気分に
なってしばしボーッとして過ごしました。
(おわり)

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

五頭山出湯界隈

Img_1072

6月1日(月)くもり
出湯に近い羽黒の優婆尊堂を参詣しました。優婆尊堂のウバ
(優婆)様は三途の河の懸衣媼で死出の旅路の罪人の白衣を
剥ぎ、柳の枝にかけて枝の垂れ方で罪の軽重を計るしょうずか
ばあ様(葬頭河婆)のことです。

Img_1060

「表は極悪憤怒の相なるも、内には慈悲大悲の涙を流し罪に
苦しむ衆生を救わんが為」と由来書にありました。尊像を拝め
ば現世で無病息災を、来世では速やかに仏果を得るとされてい
ます。内陣に「悪疫退散祈祷」の札が貼ってありました。

Img_1061

堂の裏山・真光寺山の南麓に三十三観音巡りができる径が
ありました。不動堂の脇から入る登拝路に数人とスライド
しました。

Img_1071

また一説には往時、羽州羽黒山伏の流があって役の優婆塞
(役行者)を安置していたといいます。堂脇に湯殿山と庚申塔
と真ん中は刻字が薄れて読めない石碑が祀ってありました。

Img_1069

山際の奥に優婆尊御霊泉が湧き出ていました。金気があり
妊婦の貧血性に効くそうです。そういえば五頭山の砂郷沢
には鉄分の多い赤水がしみ出ている所があり信仰の対象に
なっているようです。

Img_1074

優婆尊堂の脇から山際の古道を通って賽の磧に出ました。
「村の北方十五町計りにあり。石を積て早世した者の菩提を
弔ふに因って名づく。三月より七月まで参詣多しとぞ。華報寺
の僧来りて水施餓鬼を執行す。」と「越後野志」に書いてあり
ます。

Img_1076

地蔵堂の脇を流れる大荒川が五頭山の霊域と俗界を区切る精進
川で、かっては気味の悪い淋しい場所で昼でも訪れる人はいな
かったそうですが、今は裏手をR290が通り、レストランも
あったりして憩いの場になっているようでした。

Img_1089

「出湯村にあり。大同四年巳丑三月、空海師草創建立、五頭山
福性院海満寺と名づく。寺領五百七十八石九斗三升。文明年中
曹洞宗となり、耕雲寺六世大安和尚とし、華報寺と改め名づく、
末寺二十余寺あり。云々」と「越後野志」にあります。

Img_1088

五頭山は弘法大師開創の修験の霊場として始まり、中世には
浄土的霊場としての信仰が盛んだった時代があったのです。
Img_1087

境内には昔から変わらず続く無料の共同湯がありました。
精進川だった大荒川でみそぎをして五頭山に登拝した後は
精進落としの湯に浸かったことでしょう。

Img_1093

「昭和30年頃、華報寺の西南にある蓮台野が農地に開放される
ことになり、開墾に着手したところが地下から大量の石仏、五
輪塔、骨壺が出土した。これらは鎌倉時代から室町時代の遺物
で密教寺院の墓地であったと思われた。石仏石塔の大部分は好
事家に持ち去られたので、水原の家田博士(小刀子)らが保存
運動を起こして保護された。」そうです。

Img_1108

水原の家田小刀子先生(小刀子は俳号)は越後ホトトギス派
俳誌真萩の同人で素十門の大先輩にあたる名人でした。
「越後野志」は江戸後期、水原の書籍商小田島允武が著した
風土記で、越後の山旅の著者藤島玄氏は畢生の風土記として
採用したと書いています。
いつも素通りしている羽黒~出湯の古道を歩いてみると色々と
発見がありました。
(おわり)
参考文献:「越後の山旅・上巻」(藤島玄著)
     「忘れられた霊場」(中野豈任著)

| | コメント (2)

2020年6月 5日 (金)

木場城跡は植田の中

Img_1044
(クリック拡大)
5月29日(金)晴
新発田重家の乱で新発田領の信濃川河口を守る新潟城(今の
白山公園内にあったらしい)と沼垂城に対峙する景勝側の西
の最前線基地となった木場城跡は西区(新潟市)の集落外れ
の田の畦の中にありました。平城の遺構は何も残っていませ
んでした。

Img_1048

新潟市文化財センターに伺って城跡の所在地を聞いてみた
のでしたが、何せ初めて訪問した場所なので田圃道を右往
左往してしまいました。

Img_1043

農作業中のおじさん聞いたら、「口で説明するより付いて
こいよ!」と言ってくれたので、親切なおじさんの車の後
に付いて、ここまで来たのでした。

Img_1045

昔、一帯は水郷地帯で「向こうに見える隣の村まで一面鏡の
ようになってな。水を張った田の上を舟で往来したもんさ」
とおじさんが懐かし気に答えてくれました。

Img_1046

新潟城も沼垂城の遺構は今は何も残っていません。湿地帯と
砂洲が天然の防御帯となって互いの城砦には容易に近づけず
主に軍船から火矢焙烙の応酬だったようです。最終的には
景勝側が新発田勢を討ち、信濃川河口の利権を獲得できたこと
が新発田氏攻略の足掛かりになりました。

Img_1033

上杉氏が会津移封後は木場城は廃城になりましたが、その後
堀氏が入封後は城跡を本格改修し、城主の館が建ちました。

Img_1032
Img_1035_20200604200501

跡地は現在は村の鎮守・木場八幡宮となり、一帯は整備されて
公園になりました。
(おわり)

| | コメント (2)

2020年6月 4日 (木)

笹岡城跡を訪ねる

Img_0932
(クリック拡大)
5月24日(日)晴
3密を避けられ人の居なさそうな場所はないかと…考えて
前から興味のあった笹岡城跡(阿賀野市)を訪ねてみました。

Img_0916

水原の町から田圃道を五頭山に向かって一と走りすると、笹岡
の町外れの諏訪神社に着きました。ここはすでに城跡の連廓
の一画でした。隣接して禅寺鑑洞寺と高土塁の奥に主廓があり
ました。戦国時代は湖沼に囲まれた水郷に浮かぶ浮沈要塞だっ
たでしょう。

Img_0920_20200603212401
Img_0918

主廓に通じる大堀切と高土塁の坂の下に古城主の墓がひっそり
とありました。

Img_0924

主廓は今は公園になっていました。遊具に遊ぶ子供の家族
を遠目に見て本丸跡を一周しました。郷土が産んだ2俳人
佐藤念腹師と石塚友二師の句碑がありました。

Img_0930

笹岡城は上杉家臣団のうち揚北衆を監視するための番城の
役目もあったようです。阿賀野川は昔揚河(あげがわ)といい
ました。揚河の北岸地域には鎌倉時代から戦国時代まで割拠し
た国人衆がいました。

Img_0931

鎌倉御家人が荘園の地頭として越後国に赴任し所領を治めて
いました。小泉荘(村上市)の本庄氏、奥山荘(胎内市)
の中条氏、加治荘(新発田市)の佐々木党の加治氏、白河荘
(阿賀野市)の安田氏、水原氏らは独立性が強く強力な軍事力
を持っていたので謙信にとっては目の上の瘤であり、度々政
情不安の種になりました。

Img_0934

永禄11年(1568)謙信の命を受けた本庄城主・本庄繁長
が自身も手傷を負いながら下田高城城主・長尾藤景、景治兄弟
を誅殺したものの謙信から恩賞がなかったことに不満を持った
繁長の所に謙信の上洛を阻もうとする武田信玄から調略の誘い
があり、これに内応して反乱を起こしたのでした。

Img_0936

日頃から謙信に不満を持っていた揚北衆を誘って反乱した繁長
でしたが、誘った揚北衆から計画が漏れやむなく信玄の援軍頼
りの籠城戦となりました。奮戦も甲斐なく1年後には鎮圧され
ました。終戦処理後、謙信に詫びを入れ許されて帰参しました。

Img_0937

謙信が亡くなると後継者を争う御館の乱が起きました。越後国
を二分した大乱は景勝側の勝利に終わりました。論功行賞は
景勝の旗本たちに手厚く、国人衆には冷たいものでした。

Img_0942

数々の軍功を上げ恩賞を期待していた加治衆の新発田重家でし
たが、兄の家督を相続することしか褒美として認められなかっ
たことに不満を持った重家一党は信長と呼応して、上杉景勝に
叛いて7年戦争を起こしたのでした。

Img_0921

福島潟を隔てて新発田城まで10kmの至近距離にあった
笹岡城は景勝側の最前線基地の役目を負うことになりました。
(おわり)

| | コメント (2)

2020年6月 1日 (月)

枝豆を定植する

Img_0910-2

5月22日(金)晴
ポッドに蒔いた枝豆の草丈が20センチに伸びたら定植と
思って準備していたのに、その前にナメクジに粗方食われ
てしまいそうなので、急いで定植することに。

Img_0911

狭いポットから広い畑の露地植えに開放してやったのだから
枝豆には天候やコロナ禍にめげずにしっかり伸びてほしいも
のです。

Img_0912

3畝を立てて53本植えました。夏蝶がひらひらし始めたを
見て寒冷紗をかけました。四方に盆花1畝と南瓜を6株も垣根
代わりに定植しました。今週は晴天予報なので根の活着まで毎
朝水やりしようと思います。
(おわり)

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »